« モノクロ写真マット化計画 | トップページ | パートカラーの試み 技法解説 »

2004/09/10

パートカラーの試み

mono/hoya
【賑わう~パートカラーの試み】OptioS
"PENTAX PEOPLE"月例TBフォト企画 『モノクローム』参加作

コッポラ監督の『ランブル・フィッシュ』という映画は全編モノクロですが、
ランブル・フィッシュという魚だけはカラーで描かれていました。
ストーリーは忘れてしまいましたが、それだけは印象に残っています。

それからちょうど10年後、
スピルバーグ監督は『シンドラーのリスト』という映画を出しました。
これもモノクロ映画なのですが、1カ所、
駆け抜けていくユダヤ人の少女のコートだけが赤いのです。

それからさらに10年。
なぜホヤなのか...?

|

« モノクロ写真マット化計画 | トップページ | パートカラーの試み 技法解説 »

[[OptioS ]]」カテゴリの記事

food」カテゴリの記事

monochrome」カテゴリの記事

コメント

かっこいい写真ですね。
まったく値札が見えないところが、
かっこよさを増幅させてますね。
しかし、なぜあえてホヤ?

投稿: backseat | 2004/09/10 21:57

>backseatさん
確かに値札ないですねぇ。今気がつきました。
韓国釜山のチャガルチ市場での一枚なのですが、
お客はどうやって取引してたんでしょう。
ワイワイ賑わってたのは、あちこちで値段交渉してたからかな。
私はハングルも韓国語もまったく解らないので、
ただ覘いて回っただけでした。

なぜ、ホヤなんでしょうね。

投稿: 二つ目草 | 2004/09/11 00:58

ホ、ホヤ…(笑)

この手がありましたかー!^^
大きな写真で見ても、全く違和感なく処理できてますね。素晴らしい!
でもホヤ。

投稿: ふたまパパ | 2004/09/11 06:43

>ふたまパパさん
そちらの動物モノクロシリーズにエントリーさせていただきましたヽ(^o^)丿

 海に棲んでる生き物の~、種類をみんなで言いましょう~♪
 さぁ~、海綿動物、棘皮動物、刺胞動物、有櫛動物~♪
 軟体動物、節足動物、脊索動物、それからサカナ~♪

映画『ファインディング・ニモ』で、エイ先生が歌ってますが、
ホヤって人間と同じ脊索動物に属するんだそうで、
この写真の動物たちの中では、もっとも人間に近い!
今、私のパソコンの壁紙は、このホヤ写真になってます。

先生、サカナは脊索動物ぞなもし。

投稿: 二つ目草 | 2004/09/11 09:45

パートカラー素敵ですね!!
写真を撮るのに必死で撮るだけになっていた
のですが、最近になってPhotoshopでさわる
楽しみを知りました。
二つ目草さんの技法解説をもとにパートカラー
も挑戦してみます(^^)

投稿: usako | 2004/09/12 10:18

>usakoさん
はじめまして!
(実は、ちょくちょく覘きに伺ってました。)
コメントありがとうございます。
Photoshop Elementsも、
今までレベル補正くらいにしか使ってませんでしたが、
レタッチと言えるくらいのことはできるようになろうと、
目下、基礎トレーニング中です。
パートカラー作品、出来上がったらぜひ、
トラックバックして下さいね。

投稿: 二つ目草 | 2004/09/12 21:42

二つ目草さま TBありがとうございました m*_ _*m (*^^*)
Optio で このような 色合い撮影ができるのでしょうか?
ほやの色合い 輝いてて わたしは ヨダレが… (*^^;A
どうぞ ほや 挑戦してみてくださいませ (*^^*)
ちなみに我が家では わたしと長女は 大好物です (*^^*)

投稿: カオル | 2004/11/15 20:55

>カオルさん
ホヤに不思議な魅力を感じて撮影しました。
元はOptioSで撮った写真ですが、画像処理ソフトを使って、ホヤ以外の部分をモノクロに変換しています。
ホヤはまだ食べたことがないので、挑戦してみようかなー

投稿: 二つ目草 | 2004/11/16 00:52

TBありがとうございます。

へぇ~~~、パートカラーって言うんですね。
で、これはまたPicasaの処理とは違って、ほんとパッキリとホヤだけに色がついてるんですねぇ・・・
フォトショップだとこういう高度なことができるんですねぇ・・・でも難しそうですね!

投稿: nakky | 2005/11/14 22:45

>nakkyさん
nakkyさんのPicasaでの作品「花屋の娘」
http://regulus.exblog.jp/3065591/
にTBさせていただきました。
まだ、OptioSで写真を撮っていた頃の試作です。
次のエントリーに具体的な手法を書いてますが、今自分で読んでもめんどくさそう。
Picasaで簡単に処理したとしても、効果は同じように出せるのではないかと思います。

投稿: 二つ目草 | 2005/11/14 23:04

Picasaは円形にしか選択できませんので、周りが元々モノクロ調のものに囲まれていないと不自然なわざとらしい仕上がりになっちゃうのではないかと思われます。

勝手な想像なんですが、「選択ツール」みたいなので輪郭をなぞって、必要なところ以外の彩度を落とすみたいな作業なのでしょうねぇ・・・
輪郭を切り取るところが根気が必要そうですね。

投稿: nakky | 2005/11/15 00:11

>nakkyさん
ちょっと読みづらいですが、
http://futatsumekusa.air-nifty.com/blog/2004/09/post_2.html

マグネット選択ツールというのを使ってますねぇ。
当時の自分。
それ以来やってないので、詳細は忘れてしまいました。

投稿: 二つ目草 | 2005/11/15 00:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モノクロ写真マット化計画 | トップページ | パートカラーの試み 技法解説 »