« サーカスが来た。 | トップページ | *istDS&DA18-55mm予約しました。 »

2004/10/09

【質問】*istD/DS外付けストロボ対応について

*istD/DSの純正以外の外部ストロボへの対応について教えてください。

*istDS本体に標準ズームレンズのいずれか1本を付けて購入することは決定!
2本目のレンズは追々選ぶとして、その他の機材についてあれこれ考えているところです。
現在ミノルタの銀塩一眼を使っていますので、いくつか共用ができれば助かるな~と。
その中で、よく解らないのが外付けストロボ。
ミノルタ純正のTTL自動調光ストロボ2台、直付けのやつとマクロリングフラッシュを持っているので、これが使えるものか知りたいのです。

DSの仕様書によると

シンクロ
ホットシュー、同調速度1/180秒
P-TTLシンクロ、TTLシンクロ、ハイスピードシンクロ、ワイヤレスシンクロ可能(対応外付ストロボをマスターまたはコントロール発光させる場合)

とあります。
ペンタックス純正以外のストロボでの対応状況はどうでしょう。
デジカメはストロボのTTL調光が苦手だという話もネット上で散見されますが、*istDではいかがですか?
アドバイスをお願いいたします。

PENTAX PEOPLE TB企画:デジ一眼ビギナーの用品選びにトラックバックしています。

|

« サーカスが来た。 | トップページ | *istDS&DA18-55mm予約しました。 »

[[*istDS ]]」カテゴリの記事

コメント

アサヒカメラの*istDのテスト記事の受け売りですみません。

一般にDSLRでは撮像素子(ローパスフィルタ)表面は光沢で拡散しないためフィルム表面のような散光状態になりません。したがって撮像面の反射によるTTL調光はうまく制御できないということです。したがって本発光前にプリ発光して測光素子によって制御する(PENTAXではP-ttl)のが主流です。

しかし、PENTAXではこの撮像面でのTTLができます。*istDでは調光用の素子がミラーボックスについています。AF280TというPENTAX LX用のストロボで*istDと組み合わせてTTL調光する限り調光性能はまあまあです。

基本的に、TTL調光は各社専用と考えたほうがいいと思います。
私は、他にSUNPAKのB3000Sというストロボを使っています。外光Autoなのでカメラとの通信がいらないため、どこのメーカーのカメラにも使えます。*istDでも絞り値に制限がありますが、きれいに写ります。

あまり参考にはなりそうもないですがm(_ _)m

投稿: クモハ169-1 | 2004/10/11 20:33

>クモハ169-1さん

情報ありがとうございます。

>基本的に、TTL調光は各社専用と考えたほうがいいと思います。

やはり、そのようですね。
サードパーティー製のストロボも各社対応のものを揃えているようです。
かと思えば、SUNPAKのauto DX 12R TTLオート対応リングストロボのように、対応カメラを「ホットシューまたはシンクロコードが接続できるカメラ」とメーカー指定していないものもあります。
これは銀塩用なのかもしれませんが、クモハ169-1さんのお話からするとTTL調光ができるかも。
ペンタックスからもちょっと高価なマクロストロボが出てますが、これが*istD/Dsで使えるのかどうか情報がありません。

投稿: 二つ目草 | 2004/10/11 21:11

SUNPAKのauto DX 12R TTLオート対応リングストロボ、メーカーHPを見ると、カメラメーカーごとにシューアダプターが用意されています。それをつけてTTL調光と相成ります。やはり、接点配置や信号のやり取りは各社専用なんでしょう。汎用というアダプターもあって、これでは外光Autoとなります。

ペンタックスからもちょっと高価なマクロストロボ:AF140CはPENTAX HPの*istDのFAQでは「使用できます」とあります。
ただ、特殊な状況では(銀塩のような調光性能が出ないから?)撮影結果をモニターで確認しながら使う旨の記述があります。

ご参考に。

投稿: クモハ169-1 | 2004/10/12 06:32

>クモハ169-1さん
情報ありがとうございます。
SUNPAKのはそういうことだったのですね。
HPを確認してみましたが、ペンタックスの対応機種の中に*istDは含まれていませんでした。残念!

投稿: 二つ目草 | 2004/10/12 06:46

上記、自分としても興味のある機種なので、対応機種に*istDのない点、SUNPAKに質問してみました。

結論的には、「*istDにシューマウントPT-2Dをお使いいただくことは問題ないと思います。」との回答でした。


以下、回答内容の要約です。

通常、TTL調光用センサーはCCD面を測ることはできない→一般のDSLRはTTL(調光)ストップ信号が出ない。→TTL調光はできない。

*istDは何らかの方法で反射光を見ている。→銀塩用のTTL調光フラッシュが使用できる=TTL調光ができる。

ユーザーフレンドリーな方法で関心しました、と記されていました。

ご参考に。

投稿: クモハ169-1 | 2004/10/14 15:08

>クモハ169-1さん
わざわざ確認までしていただきありがとうございます。
これはPENTAX PEOPLEとしては、とても嬉しい話ですね。
今までこの点についての優位性については聞いたことがありませんでしたが、もっと話題になってもいいんじゃないでしょうか。

投稿: 二つ目草 | 2004/10/14 18:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サーカスが来た。 | トップページ | *istDS&DA18-55mm予約しました。 »