« 天神様に初詣 | トップページ | DA40mm1本で長崎寺町界隈を歩く »

2005/01/15

新パンケーキ PENTAX DA40mm Limited

1/16追記 ※ポップアップにて高解像度画像をご提供。

雨上がり。日暮れまでの隙を突いて突撃。

雫を撮る。被写界深度のあんばいが難しい。

強い冬型の気圧配置。もう春の準備は始まっている。


凍てつく鉄塔。雲間から漏れる夕陽に照らされていた。

冬の樹。鉄塔と張り合って威風堂々。

射し込む光。地球の接線方向から、濡れた草に向かって。

西からの光と風。明日は雪も連れて来る。

朽ちた電柱。殉死する碍子は白さを保っている。
*istDS SMC DA40mm Limited Pancake (edited) 1280x854pix

待望の新パンケーキ、DA40mm Limitedが発売日を前に昨日のうちにやって参りました。
黒の革袋に収められた小さな固まりを取り出し、掌に載せて眺めます。
ひんやりと冷たいアルミ製のボディーに、これもアルミ製のフードとキャップを装着すると、まるで工芸品のような姿。
フードには深紅のLimitedの刻印が誇らしげ、キャップの裏にはPENTAXの銀文字。
いい仕事してますね。

明けて、解禁日の今日はあいにくの雨になりました。
しかし、日没前になってようやく雨が上がってくれましたので、すかさず撮影に出かけました。

DA40を使った第一印象は、クリアな描写。
ただ予想していたシャープさとはまた違い、サブジェクトの境界部分では細かなニュアンスも描き出しているのではないでしょうか。
そのために樹木や雲などの表情がよく描写されます。
あいにくの曇天でしたが、かえってドラマチックに感じる空となりました。
また地味な色彩ながら、すっきりと清潔感のある絵は好感が持てます。

DA40mmを付けた*istDSだけを持っての散策なども、きっと楽しいものになりそうです。
撮影時間が限られていましたので、M40との競演は次の機会に譲ります。

|

« 天神様に初詣 | トップページ | DA40mm1本で長崎寺町界隈を歩く »

[[*istDS ]]」カテゴリの記事

[DA40Limited]」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
DAパンケ、ほんと良いですね。
あの小ささで、あの描写・繊細さ。
私は今日、室内で撮りましたが、
花もなかなかイケましたよ~。

投稿: のんきち | 2005/01/15 21:55

こんにちは。二つ目草さまのエントリお待ちしていた一人でございます。
慌てて撮った私とちがい、2枚目の水滴のクリアさと、送電線の不思議な色が印象的です。

私のほうは、フィルターとキャップをどうするかで四苦八苦しています。とりあえずPPにTBはしたのですが、落ち着いたら撮り直そうと思っています。

40mm(デジ61mm)は人物には非常にいいですね。人工物や風景に対しては、私はまだ慣れていません。
早くから40mmを使いこなされている二つ目草さまの作品を、ご指南として拝見したいと思います。

またお邪魔します。

投稿: エルトロ | 2005/01/15 22:20

鉄塔がドラマチックですー、狙うところがイイ
雫もヨカですヨカ

投稿: fukuzo | 2005/01/15 22:32

>のんきちさん
今日は全国的に天気がよくなかったようで、ちょっと残念でしたね。
そんななか、のんきちさんはいいロケ地を見つけられたようで。
私も早く明るい絵を撮りたいと思ってます。

>エルトロさん
今日は陽が傾きだしてようやく雨が上がったので、あわてて飛び出して撮りに行きましたが、光の状態がどんどん変わっていくので、落ち着いて撮ることができませんでした。
どんよりした空でしたが、微妙な雲の表情まで写っていたのは感動ものでした。

屋外はそんな状態でしたので、室内で家族の写真を撮って遊んでます。
透明感のある描写で、人物がきれいに写りますね。

>fukuzoさん
今日は屋外の撮影をあきらめかけていたのですが、最近読んだ本に、荒天こそ撮影の好機と書いてあったを思い出し、無理やり撮ってきました(^^ゞ


投稿: 二つ目草 | 2005/01/15 23:36

二つ目草さん、こんばんは。
DA40mmパンケーキレンズ、購入されたのですね~♪
ほんとに綺麗な写りですね。
天気が悪かったにもかかわらず、1番上の写真の透明感、素晴らしい~!
私はしばらく購入出来そうもありませんので、二つ目草さんの写真で楽しませていただきます。^^

投稿: そよ | 2005/01/16 00:32

そよさん
今日はけっこうな大雨でしたね。
夕方になって雨が上がったんで、あわてて外に出ました。
少し車を走らせて、公園の樹木などを撮りました。
閉園時間になったんで帰りましたけど、あと30分居られたらきれいな夕陽が撮れそうだったのに。

投稿: 二つ目草 | 2005/01/16 01:24

鉄塔、綺麗ですね。
曇天でも陽が当たったところだけ
明るく輝くっていうのは、えも言われぬ
雰囲気ですね。

40mmパンケーキ、いいですね。
更なる素敵な作例、お待ちしております。

投稿: n@kky | 2005/01/16 20:18

日が傾き徐々に暗くなる東の空を背景に、夕日に照らされた木々や構造物が浮かび上がってくるこの時間帯の風景は、子どもの頃から好きでした。

M40mmを持っていながら、まったく焦点距離の重なるDA40mmを購入したのですが、2つのレンズが描き出す絵はかなり違った印象です。
M40を以前からmoist & creamyと表現してきましたが、DA40はpure & fineでしょうか。透明感がありながら硬質な感じはなく、ちょっと水のようです。
評価はまだこれからといったところですが、同じ絵を違う画材で描くようなつもりで活用していきたいと思っています。

投稿: 二つ目草 | 2005/01/16 23:02

ポップアップで見させてもらいました。
凄いクリアですね!
キラキラの鉄塔もいいし、雨の雫も又いいです。
私もパンケ祭りに参加したくなりました。
次の作例も楽しみにお待ちしています。

投稿: noe | 2005/01/16 23:30

>noeさん
今回の写真は曇天の夕方で暗く地味な色彩ですが、その他にも室内での家族の写真などを見ても、色合いが自然で、描写は細かいニュアンスも描き出します。
もちろん、DSと組んだ軽快さはピカイチで、普通のウェストバッグにも収まってしまい、これ一本でお散歩したくなります。
黒い革の小袋に収納されているのですが、眺めるだけでもいい可愛くてカッコイイレンズです。
ご夫婦共用で1本いかがでしょう。

投稿: 二つ目草 | 2005/01/17 00:47

ちょっと話題がソレますが・・・
昨日スキーに行って、Optio Sを連れていったんですが、ウェアーのポケットに入れておいたら満充電にしていたのに全然作動しませんでした。
写そうとするとレンズ格納してOFFになっちゃって・・・
しばらくシャツの胸ポケットに入れておいたら復活したんですが、あれの付属のリチウム充電池は耐寒性が弱いですねぇ。まあ買って二年近くは経ってますけど。

投稿: n@kky | 2005/01/17 15:23

>n@kkyさん
DS用のバッテリー、これはニッケル水素充電池ですが、寒いと持ちが悪くて、暖めると復活したりします。
私のOptioSは1年4ヶ月くらい、2個のバッテリーを交互に使っていますが、多少へたってきたかなー。
でも、年内には後継機が出てきそうなので、しばらくこのまま使っていくつもりです。
そういえばアメリカではOptioWPっていう、水中でも使えるのが出てますね。

投稿: 二つ目草 | 2005/01/17 18:02

DSはニッケル水素で使っているのですが、寒中で使っていても劇的に持ちが悪いという印象はないです。
氷点下でも400枚は大丈夫でした。

DSが来てからOptioSはめっきり使わなくなったので、バッテリーも弱ってきているのかも知れません・・・数ヶ月使わないで放置していたらバッテリーってダメになってしまいますよね。

OptioWPは、Optio43WRとはまた別のデジカメなんでしょうか?

投稿: n@kky | 2005/01/17 18:59

おお、今見てみたら、完全防水のがあるんですね。
なんだか「携帯電話」みたいな形状ですね!
日本は・・・夏場に発売ですかね?

投稿: n@kky | 2005/01/17 19:01

>n@kkyさん
氷点下ですか!こちらではなかなか経験できない世界です。
ニッケル水素は、パナソニックのメタハイという比較的評判のよいバッテリーなのですが、使い始めの頃、ちょっとそんなことがありました。
最近は至極安定しております。

OptioSは今でも常時携帯しており、仕事の記録用に使い続けています。
昨年11月に、DSの販促のためのストリートキャンペーンというのがあり、ペンタックスの方2人といろいろお話しする機会がありました。
その際に防水機能を付加したOptioを出すという話も出てきました。しかし、ここまで過激な防水とは!

その二人ともM40mm使いだったので、話が弾み、当時はまだ発売されることが公式にはアナウンスされていなかったDA40mmの性能に対する自信を語られていました。

投稿: 二つ目草 | 2005/01/17 20:08

WP、水深1.5mで30分が限界と諸元表に書いてありました。一般的な海水浴程度なら全然問題ないし、もちろん雨・雪に対してはバッチリな性能ですね。

オリンパスが積極的に防水カメラを出しているので、追撃して欲しいところです。

デジタル一眼でもE-1みたいな日常生活防水でいいから、そういう仕様の製品がPENTAXから出てくれたらうれしいんだけどなぁ・・・

私のニッスイもパナソニックの2400です。
これは評判いいですね。

投稿: n@kky | 2005/01/17 21:22

WP、アメリカのサイトではプールの水面下で撮った写真を出していますね。
オリンパスのものでも、ここまではできなかったはずです。
OptioSの後継機は日常生活防水程度でいいので対応して欲しいです。
デジ一眼となると、レンズの対応が難しいでしょうか。

カメラ用のレインコートを買って持っているのですが、まだ使ったことはありません。

投稿: 二つ目草 | 2005/01/17 23:40

そうですね。オリンパスは水圧かかったらダメでしたね。

昔、6×7に、水中撮影用のハウジングユニットがありましたね・・・セットで32500円もしました。
これ、世界最強の水中カメラだったことでしょうね。

投稿: n@kky | 2005/01/18 12:40

たしかにハウジングを使う手がありますね。
そのうち*istDS用というのも出るでしょうか?
OptioS5i用のものも出ていますが、あれも2万円近くするんですよね。
件のペンタックスの方との話題の中で、実はOptioSでも、基本的な操作だけに限れば使えないことはないということでした。

投稿: 二つ目草 | 2005/01/18 22:44

あっ、すみません。今見直してみると、6×7の水中ハウジングセットの価格、一桁間違っていました。
なんと、32万5千円です!

本体ハウジングとレンズに合わせたフロントハウジングを選べる構造ですね。
ピント合わせも外部からするようです。

そういう構造からすると、デジタルカメラ用のフロントハウジングは作りやすいんでしょうけどね・・・

投稿: n@kky | 2005/01/18 23:31

32万5千円!
もしかしてそうかなとは思ってましたが、やはり高いですね。
DA40mmならフロントハウジング要らずでしょうか(笑)

投稿: 二つ目草 | 2005/01/18 23:55

二つ目草さま、コメント感謝です。
水滴綺麗ですね。
自分もガラスの水滴や生魚を撮ったとき、他のレンズとはぜんぜん違う質感にびっくりしました。

自分も自宅から回収してきたチノンのパンケーキ(45mmですが)と撮り比べてみますね。

投稿: starseeker | 2005/01/19 00:17

>starseekerさん
いらっしゃいませ~!
フィルターの取り付け方にはびっくりでしたね。

このレンズの絵を見て、「上善如水(ジョウゼンミズノゴトシ)」っていうお酒の名前が思い浮かびましたよ。
味の特徴:口当たりと香りは、たおやかでありながらフレッシュ。軽やかな甘味と控え目な酸味が瑞々しさを印象づけます。水の良さからくる上品な味わいのお酒です。(by白瀧酒造)
M40mmの方はもっとコクがある感じでしょうか。

チノンのパンケーキはどんなお味でしょう。
楽しみにしてます!

投稿: 二つ目草 | 2005/01/19 00:40

こんばんは。
パンケーキの話題でなくて申し訳ないのですが・・・
Optio Sのマクロ撮影って優秀なんでしょうかね?
ちょっとマクロの画を出してみたら、みなさん「普通のコンパクトデジカメではここまで寄れない」っておっしゃってるんですが・・・
私はOptio Sしかコンパクトデジカメ経験ないもので。

投稿: n@kky | 2005/01/21 22:58

私も最近のデジカメとしてはOptioSしか使ったことがないのですが...。
Supermacro modeはきっちりした絵が出せますね。
その場合、焦点距離が35mmフィルム換算で62mm相当に固定になりますが、6cmの距離で約38.6mm×28.9mmの範囲が撮れるということです。
他社のコンパクトデジカメでも、もっと寄れたり、絵もシャープなものもあるようですが、近接時は広角にしなければならないのが多いので、物の形状を記録する上では、若干望遠寄りのOptioSシリーズはよいかもしれません。

投稿: 二つ目草 | 2005/01/22 00:18

二つ目草さん・・・いつもご丁寧なレスありがとうございます。
スーパーマクロって多分、各種収差が一番少ない焦点距離に設定されるんだろうなぁって感じてました。
ただ、自動的にストロボOFFモードになるのは少し残念ですね。もっともかなり近いのでストロボが当たったとしてもパララックス(っていっていいかどうかわかりませんが)は出そうではありますが・・・

でも38.6mm×28.9mmって35ミリフィルム規格で言えば、ほぼ等倍に近い感覚で撮れるってことですよね。
ある意味スゴいですよね。

投稿: n@kky | 2005/01/22 11:49

スーパーマクロモードはあまりに被写体に近いので、手振れ防止のためにセルフタイマーを使っただけでも、点滅するパイロットランプの赤い光が反射して映り込んだりします。
シャッターが下りる瞬間はパイロットランプは消して欲しいものです。
最近の機種では改善されたでしょうかね。
ということで、ストロボ焚いても、ムラや白とびは必至なのでしょうね。

投稿: 二つ目草 | 2005/01/22 13:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 天神様に初詣 | トップページ | DA40mm1本で長崎寺町界隈を歩く »