« 新年を迎えて | トップページ | 天神様に初詣 »

2005/01/03

オリジナルカレンダーを作ろう!

2005年オリジナルカレンダー

正月の料理やテレビ番組にも飽きて、時間を持て余してしまったら、一年の始めに今年のカレンダーを作るっていうのはどうでしょう。

利用したのはカレンダーファクトリーという製品。
B6の専用のカレンダー用紙と台紙、綴じリングがついています。
サイトから日付のデータをダウンロードして写真と組み合わせるだけ。
私はMicrosoftWordで編集しましたが、詳しい設定方法が書かれていますので、とても簡単にできました。
帰省中に実家で撮った家族写真をカレンダーにして、実家に送る事にしました。
自分用にも作ろうかな。

1/7 早速noeさんがお得意の組み写真を使ったいろどり鮮やかなカレンダーを作られたようです。

追記

>>>2006年カレンダー用セレクション
>>>2006年二つ目草の写真帖カレンダー完成!
>>>もひとつ、2006年二つ目草の写真帖カレンダー

|

« 新年を迎えて | トップページ | 天神様に初詣 »

column」カテゴリの記事

コメント

素敵なカレンダーですね!!
お嬢さんやご家族のお写真もいいですね~。
実は私もオリジナルカレンダー作ろうと思っていたのです。
フォトショで作っても卓上にするには土台が無いので何か捜してみようと思っていた矢先でした。
参考にさせて下さい。ていうか真似させて下さい(笑)

投稿: noe | 2005/01/03 23:23

今ちょうどnoeさんとこに書き込みしてきたところでした(笑)
用紙にマット紙と光沢紙と和紙があるのですが、安いマット紙を使ったら、今風のデザイン誌のように仕上がってお奨めです。
いつもはモニターで見てる写真も、プリントするとまた違った感じで楽しめますよ!

投稿: 二つ目草 | 2005/01/03 23:37

あっ、これなんだか微妙にイイですね。
たまに自分お気に入りはマット紙に印刷してますけど
こうしてカレンダーに出来てしまうのはやっぱり
いいなあと思ってしまいますよ。

ちょいと電気屋さんでもいってきます。

投稿: ぴょん | 2005/01/04 00:25

ぴょんさん、あけましておめでとうございます&誕生日おめでとうございます。
(ご挨拶しそびれておりましたm(__)m)

去年も作ったんですが、写真が12枚集められなくて途中で終わってしまったまま1年が過ぎてしまいました。
こういうのは一気にやってしまうに限ると思いましたよ。

投稿: 二つ目草 | 2005/01/04 00:44

年末のご来訪&コメントありがとうございました。

カレンダーソフト、お手軽そうで出来も本格的でよさそうですね。5年越しのプリンターを換えたくなりました。
私も、良い写真がそろったら Artbook.jp のような写真集の作成業者さんにお願いしたいと思っています(いつのことやら)。

あと、マイフォトも拝見しました。1枚目の赤と青の対比が素晴らしい。DA18-55ですか?なら、やはりDAファミリーの一族って感じですね。

またうかがいます。

投稿: エルトロ | 2005/01/04 14:50

エルトロさん、今年もよろしくお願いします。

ネットで写真集を作ってくれるサイトは、私も気になります。
最初から写真集を作ることを意識しながら写真を撮っていくと、質の高い写真が撮れるというようなことを最近何かで読んだ気がします。
そういえば、LiVES1月号増刊『カメラ日和』というムック?を買ったのですが、写真をいろいろな形で作品にしているセンスの良い例がたくさん載っていて、私も真似したくなりました。
カレンダー作りはその第1号です。
女性向けの編集で、かみさんに見せたらちょっと写真に興味が出たようです。シメシメ。
それに載っているオリジナルカメラバックがまたいい感じで、これをちょっと大きめにして、*istDS with DApancake専用バッグを作ってもらう予定です。

マイフォトもご覧いただきありがとうございます。
赤いコンテナはキットレンズで撮ったものです。
最近休日の天気が悪くてなかなかこのような鮮やかな写真が撮れません。
素朴な素材をかっこよく撮ることも今年の目標にしております。

投稿: 二つ目草 | 2005/01/04 19:06

明けましておめでとうございます。
実は年末に量販店で見つけた手作りカレンダーキットが気になって
いました。とても素敵にしあがっていますね!
特にこのお写真が好きです(・∀・)
私は旦那さんの写真で作るつもりだったのですが、自分の写真を
入れると思い入れもあって良さそうですね。
まずは写真を12枚集めてみまーす。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: usako | 2005/01/04 19:08

usakoさん、明けましておめでとうございます。

写真もプリントするとちょっと愛着が沸いてきます。
卓上もいいけど、A4のマット紙で大きく印刷したカレンダーもいいかもしれません。
前述の『カメラ日和』にも、壁に貼るカレンダーを作ってる方が載っていて、ちょっと縦長に裁断された形がかっこよいです。
http://www.camerabiyori.com/

usakoさんも、ぜひチャレンジ!

投稿: 二つ目草 | 2005/01/04 20:08

カレンダーファクトリーは去年の暮れに買ったけど、うまく使いきれなくて、まだカレンダー作っていません・・
勝手に写真をトリミングしてレイアウトデザインしてと思ってやる気が失せてました。

ここ見て参考になりました。
勝手に複雑に考えてた。
シンプルに作ればいいんだ。
おおーー、やる気が出て来たぞ!

どうもありがとう。

投稿: ジロー | 2005/01/05 15:29

>ジローさん

去年はモノクロの縦位置の写真を置いて、脇に日付が入るようなデザインで作ろうとして、モノクロ縦位置の写真が集まらず途中で行き詰りました。
この比率の用紙にレイアウトするというのは意外と難しいんですよね。
今年は何も考えず、ドーンと写真を貼って、決まった位置に機械的に日付を載せて終わりにしました。

『カメラ日和』を読むと、自分用にはもうちょっとカッコイイやつを作りたくなりました。

投稿: 二つ目草 | 2005/01/05 18:08

皆さんのコメント長くなっているようですね。

上の私のコメントに返信いただいた「カメラ日和」、書店でみたことあります。
スローなカメラライフのススメって感じで、OptioXな妻に読ませようかと思ったのですが、
カメラヲヤジな私は買うのを忘れておりました。定期刊ならもっと見てみます。

ではでは。

投稿: エルトロ | 2005/01/06 20:21

>all

ブログの更新は撮影に出られる週末限定になってしまいますので、それまではコメントをいただきながら、まったりと続くのは大歓迎です。
スローにいきたいと思ってますので、むかーしのエントリーにも遠慮なくコメント、トラックバックをお願いいたします。

>エルトロさん

『カメラ日和』は定期的に出るものなのかどうだか、次回発行予定の記載はありませんでした。
この本にも取り上げられた松井由加里さんという方の「ヒナタボッコ」 というサイトhttp://hinatabocco.sub.jp
には、Galleryのところに、 Webbookというのがあって、写真集を見ているようなつくりになっています。
印刷ではない、こんな表現方法もあるんだと感心しました。
ほのぼのとした写真は一見の価値あり。
レイアウトも参考になります。

投稿: 二つ目草 | 2005/01/06 21:35

こんばんは。『カメラ日和』は発売日に買いました(^^ゞ
Lomoや針穴等気になること満載の雑誌で大変気に入っています。
カレンダーもこの本を見ていいなと思っていたのですが、二つ目草
さんのエントリーを見て増々作りたくなりました♪
次回の発売日は書いてありませんが、表紙に「vol.1:2005/Winter」
と書いてあるので春にvol.2が発売されのではないかと勝手に期待
しています。「カメラ日和編集日記」http://camebiyo.exblog.jp/
のblogで次回の告知がある日を望んでいる私です^^

投稿: usako | 2005/01/08 00:01

>usakoさん
やっぱりすでに購入済みでしたか!
しかも発売日にとは恐れ入りましたm(__)m
サイトを見るとかなり好評のようなので、次号もあるでしょう。
今度は発売日に買って、かみさんを洗脳します。

カレンダー作り、さっそくnoeさんがすごく楽しそうなのをTBしてくれました。
usakoさんも、出来上がったらTBしてくださいね!

投稿: 二つ目草 | 2005/01/08 00:16

初めまして。
いつも、覗いている者です。
このカレンダーの記事を読んで、僕もカレンダーを作りましたので、トラックバックさせて戴きました。

お雑煮の文化圏の記事、面白かったです。実家と今の居住地(三重)では、お餅の形が違う理由が分かりました。

投稿: Mooi | 2006/01/30 23:17

>Mooiさん
はじめまして!
この記事がきっかけになって、カレンダーを制作されたとは、大変うれしいです。
作品を拝見したかったのですが、あいにく、エキサイトブログのメンテに引っかかったようで、見ることができませんでした。
明日改めてうかがいます。

ご実家はどの辺りなのでしょうか?
そして、ご実家と、三重のお雑煮はそれぞれどんなのでしょう。
機会がありましたらぜひご紹介ください。

投稿: 二つ目草 | 2006/01/31 02:01

今晩は。お返事ありがとうございます。
カレンダーファクトリーは紙質が高い上に
安く、非常に満足しております。オリジナ
ルカレンダーですが、きちんと全月の写真
を出しているわけでは無いので、すいません。

◇ ◇ ◇

実家は京都府宇治市です。実家の雑煮はま
る餅をすまし汁で似るやり方でした。三重
県でもお雑煮を御馳走になる機会があり、
そのときは角餅を焼き、白みそに入れて戴
きました。お雑煮の違いが気になっていた
折に、二つ目草さんのお雑煮文化圏の紹介
記事を読んだのです。
お雑煮の話はいずれきちんと書きたいと
思います。その際にはトラックバックし
ますので、よろしくお願いします。

投稿: Mooi | 2006/01/31 23:12

>Mooiさん
先ほどブログを拝見させていただいたところでした。
Mooiさんは大学の写真部に所属されてるのですね。
さすがの作品ばかりで、カレンダーも1年きっと素晴らしい写真が並んでいることでしょう。

白味噌に角餅のお雑煮!
まだ見たことがありません。
私も、一度体験してみたいです。
トラックバックお待ちしてます。これからもよろしくお願いいたします。

投稿: 二つ目草 | 2006/01/31 23:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新年を迎えて | トップページ | 天神様に初詣 »