« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005年2月の9件の記事

2005/02/26

初めての大人買い

sangokushi

ryubi

komei

*istDS SMC M50mm macro (RAW SILKYPIX, edited)

今週末は仕事で外出できず、仕方がないので室内でちょっとブツ撮り。
モデルは海洋堂三国志フィギュアコレクション第壱集
先週ヨドバシカメラ博多の3階で、タム90をジッと眺めながら結局買うのを我慢。
その反動で、2階に立ち寄って見つけた北陸製菓の食玩を箱買いしてしまったものだ。
5種x2カラーバリエーションあるのだが、10箱買って、張飛の象牙版と趙雲の彩色版がダブり、張飛の彩色版と趙雲の象牙版が足りず、コンプならず。
NHK人形劇『三国志』(1982~1984年NHK総合にて放映)の川本喜八郎作の人形が忠実に再現されている。
この値段でよくここまで緻密なものが。
さすが海洋堂だ。
いや海洋堂としてもかなり気合いを入れた商品のように思える。
TVをリアルタイムで見ていた私には感涙ものである。

ちなみに背景はNHK人形劇『三国志』DVD全17巻のBOX。
(これも大人買いと言えなくもない)

※その後張飛の彩色版もゲット>「飛び出す三国志 第壱集」


また、北九州市門司の海峡ドラマシップに行くと、川本喜八郎作の見事な壇ノ浦の合戦の人形が展示されているが、顔は三国志のキャラそのもの。
ちょっと得した気分に。

3/7 三国志ピープルにトラックバック

| | コメント (16)

2005/02/22

満1/2歳

今日で当ブログは満1/2歳になりました。

続きを読む "満1/2歳"

| | コメント (11)

2005/02/20

画面構成再確認

写真を撮る時には、ファインダーの中で被写体を確認しながらからだを動かして、あーでもないこーでもないと、シャッターを押すまでに結構悩むことが多い。
自分の感性を信じてエイヤーと撮っても、ほとんどの写真はいまひとつだ。
初心者はやはり基本を押さえとく必要があると思い、以前、『画面構成のテクニック―フレーミングの基礎から応用まで 玄光社MOOK』という本を読んだ。
何人かのカメラマンの実例や考え方が書かれていて参考になるし、系統的な解説も分かりやすかった。
でも、実際に撮る時には覚えてないんだよねー。

そこで、今まで撮った写真を振り返り、この本に沿って、もう一度おさらいをすることにした。
左のカテゴリーの中から*istDSをクリックすると、以下のものを含むこれまでの写真がご覧になれます。

ダイナミックシンメトリー・三分割法
01-101-2

左の写真はモチーフの視線と空間、対になる向こう側のサブジェクトの位置に気をつけた。



三角形の構成
02-102-2


どちらも強く意識はしなかったが、モチーフを中央に配置してみた。



対比の構成
03-103-2


右の写真は最初シンメトリーを意識したが、銀杏の木が何故か左右で違っていたので。


シンメトリー
04-104-2



右はてっぺんのカラスがシンメトリーをちょっと乱すことを狙う。


直線による構成
05-105-2


右は天に向かうたくさんの元気な枝を整理するのに苦労。


曲線の構成
06-106-2

右は波打ち際に打ち寄せられた貝殻が白い曲線を描いていて、そのS字の先端の延長に朝日を配置した。


逆T字型の構成
07-107-2



左は下の花籠と上の街灯のバランスを考えて配置。



トンネルの構成
08-108-2

左は奥の夕陽に照らされたパイプラインを強調するために、前景に暗いモチーフをトンネル状に配置。


対角線の構成
09-109-2

右の風車は、回転している羽根の角度がここに来るようにタイミングを計りながらシャッターを切った。


L字型の構成
10-110-2


左はL字型の構成を取ったが、残りの空間にちょうどトンビが飛び込んできてくれた。


いくつかは、何となく画面構成を意識しながら撮ったものもあったりするけれど、ほとんどは、結果的にこうなってるって感じだなぁ。
でも、構図ばかりを計算して撮ってもつまらないので、その方がきっとよいのだろう。
ということなので、上の写真も教科書的な構図に合致した作例とはなっておりません。
そこの所はご容赦願います。

DA40mmでの構図を考察されているeltoroさんのに記事にTB

| | コメント (15)

2005/02/13

HUIS TEN BOSCH

BLOG1820


BLOG1832


BLOG1848


BLOG1850


BLOG1851


BLOG1857


BLOG1865


BLOG1869
*istDS SMC DA18-55mm (RAW SILKYPIX edited)


BLOG6610


BLOG6613


BLOG6633


BLOG6631
*istDS SMC DA18-55mm (JPEG★★★ edited)
ロケ地:ハウステンボス(長崎県佐世保市)

3連休の最終日は終日フリーになったので、家族サービス。
幸い好天に恵まれたので、初めてのハウステンボスへ。
テーマパークや花というのはどちらかというと苦手意識があり、不安な撮影となった。
写真の大半は家族の写真になるが、こちらのほうはもっと苦手だ。
動き回る子どもの表情を捉えるのは難しい。

途中、512MBのSDカード2枚目に入って20枚ほど撮ったところで、データが全て飛んでしまうトラブル発生。
以前から挙動不審だったA-DATAのカードだ。
今後は写真用に使うことはないだろう。
携行していたOptioSに入っていた256MBのSDカードに交換し、JPEG撮影(★★★ 4M)に切り替えて急場をしのいだ。
一つ困ったことに、画像ファイルのシリアルナンバーがOptioSのものを引き継いでしまい、大幅に狂ってしまった。
リセットをかけてみたり、いろいろやってみているが、元に戻らない。
追記:SDカードをフォーマットして、シリアルナンバーをリセットした後、1枚目のカードの最後の写真をHDDからカードに戻しコピー。これで元のナンバーを引き継ぐことができた。OptioSとのカードの共用は面倒だ。

RAW撮影と比較すると、JPEG撮影ではチューリップの赤が飽和気味になった。
やはり1GBのSDカードが要りそうだ。

| | コメント (18)

2005/02/12

ロケの予習

今年の目標、「写真の基本を1から勉強する」と「英語を外国の方とのコミュニケーションツールとして使えるようにする」
この2つの目標に同時に役立つ『National Geographic Photography Field Guide Landscapes』を読んでいます。
写真用語がたくさん出てくるので、いろいろ調べながらで、なかなか進みませんが、実例を挙げながらの内容も解りやすく、面白いテキストです。
この本は、以前紹介した、『ナショナルジオグラフィック プロの撮り方』の原書の続編で、風景写真の心得が書かれています。
シリーズの特徴で、National Geographic誌の写真家たちの活動内容や助言なども読むことができます。

彼らの助言に共通しているのが、撮影に行くときには現場の下調べを念入りにすること。
これは私もできるだけやるようにしていますが、行き当たりばったりの写真が多いのが実情。

National Geographic Photography Field Guide Landscapes: Secrets to Making Great Pictures (National Geographic Photography Field Guides)
Robert Caputo


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今日、『チルソクの夏』という映画を観ました。
下関と釜山が舞台で、陸上をやってる日韓の高校生の恋を描いた作品です。
赤間神宮やチャガルチ市場といった当ブログでも登場した場所が出てきました。
主人公の女の子が新聞配達をする漁村の風景がよくって、ぜひ写真を撮りに行きたいと、ロケ地を調べました。
その漁村の場所が分かったので日曜日にでも行こうと意気揚々としておりましたが、さらに調べを進めると、残念なことに、味わいのあった桟橋などは、つい最近護岸工事のために取り壊されてしまったそうです。
行ってがっかりするよりはよかったのですが、ちょっと悲しい予習になってしまいました。

チルソクの夏 特別版
佐々部清


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (4)

2005/02/10

SILKYPIXユーザーリンクページに掲載されました。

先日、SILKYPIXの市川ソフトラボラトリーから、『二つ目草の写真帖』へのリンクの申し込みがありました。

続きを読む "SILKYPIXユーザーリンクページに掲載されました。"

| | コメント (6)

2005/02/06

周防灘の夜明け

昨日の夕陽は、ここに出てきた。
午前6時57分


午前7時09分


午前7時16分


午前7時24分


午前7時28分


午前7時39分

*istDS SMC DA18-55mm (edited)   ロケ地:行橋市蓑島海岸

早起きは苦手です。
でも今日は6時前にうちを出て、クルマを東へ東へと走らせました。
DAYBREAK PHOTO PEOPLEにトラックバック

| | コメント (5)

DA40mm用フード

IMGP1746

amazonからトースター大のやけに軽い段ボール箱が届いた。
中身はDA40mm limited用のフジツボ型フード。
逆光で白っぽくなってしまうM40mmのために購入したものだ。
このくらいのものだったら封筒で送れそうなものだがと思ったが、作業効率などを考えて、こういうシステムになっているのだろう。

早速M40に装着して気が付いた。
あれが無い...。

続きを読む "DA40mm用フード"

| | コメント (16)

歌うようにゆるやかに

BLOG1654


BLOG1656


BLOG1658


BLOG1662

PENTAX PEOPLE 月例TBフォト企画(9) 『組写真』 参加
TWILIGHT PHOTO PEOPLEにトラックバック

あおさんのとうめいなあお「andante」にトラックバック

| | コメント (4)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »