« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月の8件の記事

2005/03/28

OptioS5nで風景を撮る

kanmonkyo
関門橋 OptioS5n 夜景モード

wakato_enbou
若戸遠望 OptioS5n 風景モード

OptioS5nはOptioSと同じレンズが使われているが、画像エンジンが変わったためか、
同じ画像サイズで撮っても、Sに比べて繊細かつ明瞭な絵が得られるようだ。
暗いシーンでもしっかりした描写だ。
だから、ちょっと立ち止まって腰に着けたOptioS5nを取り出し、夜景や遠景などを撮りたくなる。

液晶が明るく大きいのが心地よいことは以前も書いたが、
さらに、ディスプレーの設定を変えると9分割のグリッドを表示させることができることが分かり、
これを常用するようになった。
仕事で、いわゆる学術写真もどきの撮影をするのに使っているのだが、
条件を揃えて撮るのに、このグリッドが役に立つ。
風景写真でもこれを使うと水平を取りやすいし、三分割法の構図もこれでばっちりだ。


| | コメント (11)

2005/03/27

ステレオ歴史探訪(7)  角島灯台

映画『ロング・エンゲージメント』を観たら灯台に行きたくなった。
目星を付けていた灯台がある。『半落ち』で有名になった佐々部清監督が新作『四日間の奇蹟』でロケに使った山口県の角島灯台だ。この監督は以前の『チルソクの夏』や『カーテンコール』でも、私のテリトリーの下関・北九州周辺をロケに使ってくれているので、写真を撮る場所を探す上で参考になる。
今日は貴重な終日フリーの休日だったのに、またしても雨に祟られることとなった。気を取り直して、新ステレオ撮影セットを手に出発。
今回はとりあえず横位置のまま撮影し、そのまま貼り付けたので、横長の画像になった。となると平行法では見づらいので、交差法でお許しいただきたい。
ちなみに、左がOptioS5n、右がOptioSで撮った画像になる。事前にグレーカードを使ってホワイトバランスを取ったが、Sの方がやや黄色がかって見え、やや暗いことが判る。
「暗い」、「濡れる」、「狭い」の三重苦の中、構えたカメラの向こうからこっちにリモコンを向けてシャッターを切るという不自然なスタイルで撮ったので、ちょっと不満足な出来だが、この方法は充分使えることが分かった。

角島大橋
晴れていればコバルトブルーに見えるという瀬にかかる白く長ーい橋を渡った。

角島灯台
明治9年に英国人の手で作られた石造りの美しい灯台である。

海を眺める
玄界灘の海人、北前船、大内氏による大陸との貿易といった各時代の海の交通において、要所であり難所でもあった角島周辺であるがゆえに、早くから本格的な灯台が設置されたのだろう。

灯台入り口

雨に濡れない程度、ちょっとだけ仰ぎ見る

狭いらせん階段

小さな窓

1870年製のレンズ

資料館に展示してあるレンズ
灯台の内部と隣接する資料館を見学。

焼きイカ
灯台の近くにはプレハブの小屋があり、炭火で焼いてくれる。
焼きイカ、1本200円也。
良き歯ごたえ。

サザエのつぼ焼き
サザエのつぼ焼き、一皿500円也。
激美味。
かすかに、立ち上る湯気が立体視できます。

夕陽もキレイだということなので、晴れた日にぜひまた来たい。
映画プロデューサーによると、『四日間の奇跡』は、『世界の中心で愛をさけぶ』、『いま会いに行きます』に続いて、ラブファンタジーの3部作となるんだそうな。

| | コメント (5)

OptioSとOptioS5nの競演

ついにOptioS5nを買った。

PENTAX Optio S5n ブリリアントグレー デジタルカメラ
ペンタックス 2005-03-10

by G-Tools

これまで、およそ2年の間、OptioSを使ってきた。
*istDSを購入してから、趣味の写真撮影ではすっかり出番がなくなったが、仕事の記録目的では最近でもメインで活躍していた。

その後発売されてきたOptioSシリーズの後継機をずっとスルーしてきたのに、今回食指が動いたのは、「 オートフォーカスが苦手とする暗い場所ではAF補助光を照射して、ピント合わせをサポートします。 」というAF補助光が使えるようになったからだ。仕事では室内のマクロ撮影が主であるため、明るさが足りず、AFに手間取ることが度々あった。実際、OptioS5nに替えてから、OptioSでの撮影で時に感じていたストレスの8割が解消されたという印象だ。

大型の液晶も嬉しい。しかも明るくくっきりしてとても見やすいのだ。クイック拡大を使えばピンぼけの有無の確認もやりやすくなったし、これまではプリントしてクライアントに見せていた写真だったが、液晶モニタを直に見せるだけでもあらかた済むようになった。代償として光学ファインダがなくなったわけだが、どちらを選ぶかといえば迷わず「大きくて明るい液晶」だ。
デザインも、蓋や金具などの細かいところまで洗練されているし、初代Sの落ち着いた雰囲気を取り戻したのも好ましい。ボディ色は、シルバーがやや明るすぎる気がしたので、ブリリアントグレーを選んだが、これがまた美しいのだ。
操作系も整理され、*istDSのFnボタンと同じような機能を持たせることもできる。

初代OptioSを活用して、もう充分元を取ったというユーザーならば、Optio5nは「買い」だと思う。名機OptioSシリーズを存続できるようにPentaxにお布施をした気分にもなる。

唯一残念だったのが、ステレオ撮影機能が削られたこと。「二つ目草」の「二つ目」の由来でもあるだけに、思い入れもあり、少し寂しい。しかし、私にはOptioSとOptioS5nという2台のカメラ、そして昔使っていたEspioに付いていたリモコンがあるではないか。エツミ ストレートブラケット(ネジ付)を使って、2台を並べ、リモコンで2台同時にシャッターを切れば...。
続く

デザインは原点回帰?AF補助光は強力な武器

液晶はほぼ2倍の面積、しかも明瞭。操作系は*istDSに近い

博多ヨドバシのジャンクリモコンコーナーからはペンタックスだけが見事に消えていた

PentaxPeople商品情報にTB

| | コメント (5)

2005/03/21

遠賀川の菜の花

nanohana01,DA18-55mm


nanohana02,DA18-55mm


nanohana03,M50mm macro


nanohana04,DA40mmLimited


nanohana05,DA40mmLimited


nanohana06,DA40mmLimited


nanohana07,DA40mmLimited


nanohana08,DA40mmLimited


nanohana09,DA40mmLimited
*istDS SMC M50mm,DA40mm,DA18-55mm (RAW SILKYPIX, edited)

今日と明日、2夜連続で放送されるTBSのドラマ『青春の門~筑豊篇』にちなんで、遠賀川の支流、彦山川を訪ねる。
今の時期、遠賀川河川敷には、菜の花が一面に咲いている。
筑豊で炭坑が栄えた初期の頃は、この川を使って、舟で石炭を運搬した。
その舟を操る船頭達は、気性は荒いが人情に厚く、その気概は「川筋気質」として筑豊の人たちに受け継がれている。
五木寛之の『青春の門』には、まさにそういう気質の人物達が描かれている。
ちょうど筑豊地区に赴任していた時期に、香春岳を眺めながら、この物語を読んだ。

今日はそんな川筋気質とは無縁の、「菜の花や 月は東に 日は西に」気分で写真を撮りに行ったのだが、残念ながら雲が厚く夕陽は見られなかった。
それにしても、菜の花というものの撮影は、的が絞りにくく難しいものだ。

「気配」と言うには薹(とう)が立ちすぎていますが、PENTAX PEOPLE月例TBフォト企画(10) 『春の気配』にTB
都会の菜の花の風景を写したnoeさんのファニィ フェイス、『浜離宮と汐留と菜の花』にTB

| | コメント (2)

2005/03/20

九州北部地震

午前10時53分ごろ、九州北部で強い地震があり、福岡市などで震度6弱、九州から関東の広い範囲で震度5強~1を観測。震源地は福岡県西方沖で震源の深さは約9キロ、マグニチュード7.0と推定。

今日は午前中職場に出ていましたが、2階から3階への階段を上っている途中でゴロゴロゴロという音と揺れを感じました。
その時は地震とは思わず、大型機器の搬入でもしているのかなと思いましたが、生理的に嫌な感じがして冷や汗が出ました。なぜか、NY世界貿易センタービル事件の映像が頭に浮かんだりしつつ、4階まで上がってくると備え付けのテレビの前に速報を待つ人だかりがあり、大きな地震であったことを知りました。
北九州市の震度は5弱。元々地震の少ない地域なのでみな驚いていましたが、とくに被害はありませんでした。
災害対策の緊急招集がかかる可能性もあったのでしばらく待機した後、帰宅。
電話が不通でしたので、帰り着くまで少し不安でしたが、自宅の方もこれといった被害はなく、本棚の本が数冊落下した程度。ただ、揺れは強く、かなり怖かったようですが。
前述の三国志の人形は、ことごとく倒れながらも、「孔明様は倒れなかった」と娘が申しておりました。

私が写真を撮りに行くことも多い玄界灘方面には、人的被害が出ているところもあり、交通やライフラインも滞っているようです。
一刻も早い回復を願っています。

| | コメント (11)

2005/03/15

飛び出す三国志 第壱集

ryubi3d
壱番 劉備《玄徳》

kanu3d
弐番 関羽《雲長》

chohi3d
参番 張飛《翼徳》

komei3d
四番 諸葛亮《孔明》

choun3d
伍番 趙雲《子龍》

*istDS SMC M50mm macro (RAW SILKYPIX, edited)
Stereo Cross-eyed viewing

初めての大人買いでは揃わなかった張飛の彩色版をようやくゲット。
久しぶりにステレオ歴史探訪(番外編)(^^ゞ
川本喜八郎の人形の撮影を真似してみました。
ちなみに、ステレオアダプタは持ってないので、OptioS方式の2度撮りで、張り合わせて交差法のステレオ写真にしてます。

すでに第弐集も集めてるみけさんにTB
三国志ピープルにもTB

以下に、平行法の画像を追加しました。
交差法は眉間にグッと力を込めて寄り目がちに、平行法は、ボーっと力を抜いて遠くを見る目で。

続きを読む "飛び出す三国志 第壱集"

| | コメント (6)

2005/03/07

Photo Contest初投稿

Windmill Sunset
Windmill Sunset
*istDS SMC M40mm Pancake
(RAW SILKYPIX, newly edited for regulations of the contest)
Please Click Above Image to Rate This Picture

photocontest2
先日撮影した、この写真を、
photography unlimited online photo contest
投稿してみました。

続きを読む "Photo Contest初投稿"

| | コメント (12)

2005/03/05

wind power energy

windmill01


windmill02


windmill04


windmill05


windmill07


windmill08


windmill09


windmill10wp

(Click Above Image for Larger View)

windmill11

*istDS SMC M40mm Pancake (RAW SILKYPIX, edited)
ロケ地:北九州市響灘エコタウン


今日は3月だというのに朝から雪模様。
もっとも昼間は仕事で職場詰め。
幸い夕方は晴れたので、久しぶりにMパンケ1本で出かけた。
今から出るのに、行くあてはなし。
こんな時は地図で目星を付ける。
夕陽のきれいな海岸を探す。
初めての場所で、思わぬ収穫。
Energyの吸収。

PENTAX *istDS TWILIGHT PHOTO PEOPLEにトラックバック
noeさんの風車の写真にインスパイアされたものなのでそちらにもトラックバック
HAMACHI!さん、スウェーデンの白夜の夕陽と風車の素敵な写真を撮られています。

| | コメント (12)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »