« 長崎街道筑前黒崎宿 1日目 | トップページ | *istDSメンテ中 »

2005/10/16

長崎街道筑前黒崎宿 2日目

今日は、筑前黒崎宿『おもしろ発見』スタンプラリーに参加しました。
子どもたちはそれぞれ別の予定があったので、夫婦での参加です。
撮影にはDA40mmで気軽に臨むつもりでしたが、出発15分前に宅配便でDA16-45mmが到着し、急きょ装着し直し。
DA40mmやDA18-55mmに比べると大きくてずっしりと重いですが、試し撮りには好都合!

kurosaki_10
●スタート(MAP)
ラクダのイラストのスタンプを押しました。
そこに「がんばっていこ~!!らくじゃないけどスタンプはラクダ!!」って書いてあって、いきなり脱力。
でも、天気は最高。

1番 正覚寺(MAP)スタンプには長崎街道ゆかりの人物のイラストが描かれており、ここは、吉田松陰でした。

kurosaki_11
藤田銀天街は昔ながらの商店街の姿が残っています。
「69 sixty nine」という 村上龍原作、宮藤官九郎脚本の映画は、1969年の佐世保が舞台なのですが、一部を、当時の佇まいの残るここでロケしています。
主演の妻夫木君もここを駆け抜けたはずだと、カミさんが力説していました。

2番 春日神社(MAP)スタンプは黒田長政
400年の歴史がある神社です。
kurosaki_12
手水にクサキリがとまっていました。

kurosaki_13
参拝しようと中を覗くと、なんだか変。
なんと、黒田二十四騎隊の武将たちがお払いを受けていました。

kurosaki_14
神社を出て、商店街のはずれに来ると、珍しい氷屋さんがありました。
「氷室」っていう呼び方に味があります。

3番 浄蓮寺(MAP)スタンプはケンペル(ドイツ人医師。この人の日本に関する記述が、後に「ガリバー旅行記」に影響を与えたそうです。)
ここも400年の歴史があって、火除け地蔵や芭蕉塚などがありますが、保育園が併設されているので、境内には鮮やかな色の遊具があったり、運動会の形跡のラインが引かれたりしていました。

kurosaki_15
再び藤田銀天街を通ると、白象が出現。
その昔、将軍に献上された白象が、長崎に上陸し、この長崎街道を通って、陸路江戸まで歩いたそうです。

kurosaki_16
藤田銀天街の昔ながらの建物。

4番 カムズ黒崎(MAP)スタンプは平賀源内(小学生の頃大好きだった「天下御免」というドラマの主人公)
黒崎の繁華街ですが、隆盛を極めた頃を知っている人には、さびしい現状だそうです。

5番 筑鉄黒崎工場(MAP)スタンプは旅人
kurosaki_17
筑豊電鉄の整備工場が開放されていましたので、普通は見られない電車のパーツをじっくり撮影。
電車の部品なども販売されていました。
マニアの方々の中に*istDLな人発見。

6番 新天街(MAP)スタンプはシーボルト
どのアーケード街も、不景気の厳しい風を感じます。
周辺に続々郊外型の大規模ショッピングセンターができているあおりも受けているのでしょう。

7番 乱橋(MAP)スタンプは忍者
kurosaki_18
なぜ「乱橋」と呼ばれるかというのには諸説あるようです。
パンフレットにはホタルの群舞が橋に邪魔されて乱れたからと書いてありますが、当時この辺りに遊郭があって、心が乱れたからというふうにも聞いています。
金網に囲まれて風情ありませんが、この写真の立体感にはDA16-45mmの描写力を感じます。

8番 曲がりの松並木(MAP)スタンプは伊能忠敬(凄い人です。幕府の官僚だったので宿場ではいい部屋に泊まったそうですが、道なき道を進むときはどうしたのでしょうね。)
昨晩、竹の灯籠が灯った場所です。

9番 岡田神社(MAP)スタンプは西郷隆盛
kurosaki_19
古事記にも載る古い神社で、400年前にこの地に移されたそうです。
日頃、前をよく通りますが、訪れたのは初めてです。

10番 熊手銀天街輿玉神(MAP)スタンプは坂本竜馬

●ゴール(MAP)(スタンプは「やった~!!ゴールだぞぅ~!!」ってことでゾウ
結局、3時間ほど歩き、完歩賞として黒崎を通った偉人たちのスポーツタオルをもらいました。
改めてここを通った偉人やゾウや、ついでに妻夫木君の足跡を思い浮かべます。
こういう機会がないとなかなか知ることのできない地域の歴史に触れることができました。

DA16-45mmは、ウワサどおりの色のりの良さと、しっかりした描写で、16mmという広角の効果も楽しめました。
今後の主力レンズになりそうです。
ただ、初心者の最初のレンズとして、扱いやすいDA18-55mmを選んだのは間違いではなかったと思います。
ずいぶん勉強させてもらいました。

|

« 長崎街道筑前黒崎宿 1日目 | トップページ | *istDSメンテ中 »

[[*istDS ]]」カテゴリの記事

[DA16-45]」カテゴリの記事

historic route」カテゴリの記事

コメント

今日は、いい天気でしたねえ。天高く・・・。
DA16-45mm、色ノリがいいですね。
DA18-55mmほど、パキパキ感がないのもいいですね。
私は、最近単焦点ばかり使ってますが、1本着けて歩くなら、ズームもいいですね。

投稿: でぱいゆ | 2005/10/16 21:09

>でぱいゆさん
そうですね、色ノリがよく、滑らかな感じです。
私はレンズ交換をあまりしない方なので、ズームに頼ってしまいます。
慣れるまで、しばらくこの1本で行ってみようかと思います。

投稿: 二つ目草 | 2005/10/16 21:38

黒崎のスタンプラリー、面白い企画ですね~。
いきなりのダジャレ、ほんとずっこけますね。

それにしても、いいタイミングでレンズが到着しましたね~。「今日はこれを
使え」という神様のお告げかも。

DA16-45mm、写りの傾向としてはDA18-55mmに似ているとは思いますが、さすが
に1ランクいや、2ランク上のレンズって感じで、描写に落ち着きを感じます。
ある意味DA18-55mmはじゃじゃ馬っぽいところがあるのかも・・。

私は初期に購入したDA18-55mmや、Sigma 55-200mm F4-5.6 DC といった普及型
のレンズに替わる、少し上位クラスのレンズを購入しましたが、この2台は今
でも愛着があり、軽い機材が好ましい時には積極的に使用しています。

ところで情報収集サイト集、私も活用させて頂きます。もし面白いサイトを
発見したらご紹介させていただきますのでよろしくお願いします。

そうそう、北九州でロケが行なわれた映画としては、今上映中の「この胸
いっぱいの愛を」という作品が、門司を舞台にしているそうですね。
つい最近知りました。

投稿: wanwanmaru | 2005/10/16 22:40

DA16-45は、たしかF4で一定ですよね?
ズームしてもF値が変わらないのは使いやすそうです。このレンズでの作品期待してます。

投稿: でぱいゆ | 2005/10/16 22:57

>wanwanmaruさん
今日は天気も良かったですし、今まで知らなかった場所の発見もできました。
なにより、こういう時は街の中を撮りまくっても、怪しまれずに済みます。
DA16-45mmは重宝しそうですが、DA18-55mmも言われているほど悪くはないと思っていますから、今後もその機動力を活用したいと思います。

情報収集サイト集、自分自身の他はwanwanmaruさんに利用していただけるくらいかなと思ってましたので、使っていただけるとうれしいです。
何か情報がありましたら、よろしくお願いします。
皆さんそれぞれ独自のサイト集を作っておけば、「今度あの辺に行くからあの人のところの情報を見てみよう。」などといった使い方もできるかな。

投稿: 二つ目草 | 2005/10/16 23:06

>でぱいゆさん
そうです、F4通しになっています。
これで、比較的きれいなボケ味を活かしたいと思います。
でも、今は16mmの魅力に引かれぎみなので、絞って寄って、パースペクティブとパンフォーカスを効かせた写真が多くなりそうです。

投稿: 二つ目草 | 2005/10/16 23:14

ここがちょっと前まで住んでた街とは思えません。笑
こんなに楽しい場所があったとは知りませんでした。惜しいことしたなぁ。

いいなぁ、16-45mm。
私も欲しい単焦点があったのに、ロモ買っちゃったんでしばらく我慢しなくては・・・。

広角独特の広がり感のある写真って憧れます。
またいろいろ観せて下さいね。楽しみにしてます。^^

投稿: そよ | 2005/10/17 00:11

風船と青空。ほんと、何かしなくっちゃ!って感じにさせてくれる、いい天気ですね。
私は、16~45mm持っていませんが、いいレンズですね。(うでがいいんでしょうけど。)
まだまだ、DA18~55でがんばります。本当は広角欲しいんですが、やっぱり”沼”だ~。
ちびた でした。

投稿: ちびた | 2005/10/17 11:32

>そよさん
今回はカミさんに誘われて参加したのですが、なかなか面白かったですよ。
町おこしのための企画なのでしょうけれど、こうやって町の歴史や小さな名所などを知ると、ますます愛着を感じます。

DA16-45mmは、たしかに魅力のあるレンズで、撮影の意欲を湧かせてくれます。
でも、ちょっと重いので、3時間ずっと持っていたら、手首が疲れました。

LOMOの写真も楽しみにお待ちしてますよー

>ちびたさん
本当にいい天気で、ちょっと日焼けしちゃいました。

DA18-55mmも世間で言われるほど悪いレンズではないですよね。
18-55を使い倒してこそ、16-45の特徴を知ることができ、良さを引き出せるのではないかと思います。
逆に16-45を知ることで、18-55の使いどころも分かる気がしますので、今後は、上手く使い分けていくつもりです。

投稿: 二つ目草 | 2005/10/17 18:33

こんな面白い、そして有意義なイベントがあったんですね!
なんだか一緒に廻らせていただいたような気分になりました。
数々の偉人に加えて
白い象まで、この長崎街道、黒崎の宿を通ったかと思うと
当時の人たちの反応が伺えて、楽しくなりました。

投稿: 赤か毛 | 2007/07/05 12:50

>赤か毛さん
トラックバックさせていただいた前記事とこの記事は、一昨年のものになりますが、昨年も同様のイベントが行われたようです。
このような企画が継続しているのはありがたいことで、とくにスタンプラリーは、黒崎を見直す良い機会になりました。
私どもは夫婦での参加でしたが、小中学生同士のグループも回っていたりして、楽しみながら地域の歴史を学んでいるようでした。
松並木では竹灯篭の他、流鏑馬なども行われて、黒崎祇園山笠とはまた違った伝統が育ちつつあるようです。

投稿: 二つ目草 | 2007/07/05 19:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 長崎街道筑前黒崎宿 1日目 | トップページ | *istDSメンテ中 »