« 文化の日ラッシュ | トップページ | ステレオ歴史探訪(8) 九州孔子廟対決 多久vs長崎 »

2005/11/12

関門海峡~彦島散策

hikoshima01

hikoshima05


hikoshima07


hikoshima11


hikoshima12


hikoshima13


hikoshima15

関門海峡、下関側の突端は彦島という島になっています。(衛星写真
下関本土とは小門(おど)海峡で隔てられていましたが、
埋め立てにより、現在は狭いところでは数mしか離れていません。
壇ノ浦の戦いでは平家が本陣を敷き、
幕末には馬関戦争で敗れた賠償として危うく香港のようになるところを、
高杉晋作の機転に救われたという歴史の島でもあります。
海岸には大小の造船所が立ち並んでいますが、
造船不況の嵐のため、廃業も目立ちます。

今日は、日の出前に到着。
初めての彦島体験です。
島の道路は急に細くなったり、行き止まりになったり。
駐車スペースも限られていて、クルマでの移動には苦労しましたが、
クルマを降りて、てくてく歩いて回ると、
屋根の向こうには造船所のクレーンが林立しているのが見え、
どこかから船のオイルの臭いが漂ってきます。
海峡を行き来する船のエンジンの音を聞きながら、
路地を曲がると、古いレンガ塀が連なる味わいのある町並み。
港や海峡の風景。
まだまだ、撮り足りない旅でした。

|

« 文化の日ラッシュ | トップページ | ステレオ歴史探訪(8) 九州孔子廟対決 多久vs長崎 »

[[*istDS ]]」カテゴリの記事

[DA16-45]」カテゴリの記事

[DA50-200]」カテゴリの記事

historic route」カテゴリの記事

コメント

彦島には昔、よく釣りに行っていました。
南風泊漁港の近くで釣りをすると、トラフグが釣れると言うガセネタを
信じて、毎週通っていたヤツもいました。(^^)

彦島は島と言う雰囲気はないですよね。街並みも古く、歴史を感じる
ことができます。

良く知りませんが、彦島出身の有名人、結構いるみたいですね。

投稿: wanwanmaru | 2005/11/12 23:41

小倉の日明(ひあがり)港と彦島を結ぶフェリーに、原付で乗ったことがあります。
バイクは最前列に並ばされて、倒れると困るので、バイクに付きっ切り。波しぶきかぶって、えらい目にあいました。
阪九フェリーが日明に着いていた頃の話です。
まだあるのかな、彦島フェリー。

投稿: でぱいゆ | 2005/11/12 23:53

>wanwanmaruさん
南風泊でトラフグって、魚市場のセリから脱走したヤツってことですかねぇ。信じてしまいそう。(^^)
彦島はじっくり散策したのは今回が初めてだったのですが、奥が深そうです。

彦島出身といえば、ロンブーの淳、山下真司、元巨人の宮元ですね。
何かの番組に3人で出ていました。
私も山口県人ですが、この小さな島から3人も出ていることにはちょっと驚きました。

投稿: 二つ目草 | 2005/11/13 00:06

>でぱいゆさん
彦島・日明間、今でもフェリーは航行してますよ。
ふぐのキャラクターの顔が大きく描かれた「ふく彦」っていうのが往復してました。
今日、それに乗ってみればよかったですね。

投稿: 二つ目草 | 2005/11/13 00:24

フェリーまだあるんですね。
戸畑方面から下関に行くには、このフェリーすごく便利です。

彦島の柿、葉っぱがもう全部落ちてますね。
うちのはまだ葉っぱがたくさんついてますけど。
葉っぱ、落とした方がいいのかな。

投稿: でぱいゆ | 2005/11/13 00:28

>でぱいゆさん
若戸大橋にしても関門橋にしても、橋があるにもかかわらず、渡船が存続しているのは、ちょっと嬉しいです。

彦島北部の高台にある老の山公園から眺めると、洞海湾がこっちに向いて口を開いていましたし、若松の風車群はちょうど重なって見えて、EXILEのChoo Choo TRAIN状態で回っていました。
そういう位置関係なのかと改めて確認しましたが、たしかに門司から関門橋あるいはトンネルに回るより、距離がずっと短いですね。

投稿: 二つ目草 | 2005/11/13 00:50

こんばんは!
本物の煉瓦の風情、最後の一枚の壁のおもしろい表情、イイですね~。
秋の午後っぽい、優しい光も、とても印象的です。

投稿: pogetaro | 2005/11/13 22:09

>pogetaroさん
私もpogetaroさんの埠頭の風景の連作を楽しませていただきました。
港にはいろんなモチーフがあって、撮影が楽しいですよね。
ところで、午後っぽい光になってしまってますが、実は朝の風景なんですよ。
朝日が撮りたくて、早朝出かけました。

投稿: 二つ目草 | 2005/11/14 02:07

勉強になりますね〜。
まさか衛星写真まであるとは、もっと見たいです。
つぎの散策を期待してまーす。(^^)
ちびた でした。

投稿: ちびた | 2005/11/14 18:32

>ちびたさん
ええ、ちょっと上空まで行って撮ってきましたよ。衛星写真。(^^)
私、山口県出身ですけど、西の先端がこんな島になってるってのは、ここ出身のロンブーが有名になってから知りました。
クルマで島内を巡ってると、面白いところがたくさんあったのですが、クルマを停める場所が無くって、泣く泣く通り過ぎました。
また、作戦を立てて撮りにいきたいと思います。

投稿: 二つ目草 | 2005/11/14 21:16

しかし衛星写真を見ると、私の住んでる門司区って山ばかりだなと
思います。自宅の近所はすぐ前が海、すぐ後ろが山ですので、両方
楽しめるというメリットはありますが・・。

またこうして見ると、彦島は何故陸続きでないのか不思議ですね。

投稿: wanwanmaru | 2005/11/16 00:03

>wanwanmaruさん
海岸からすぐに山が立ち上がり、その斜面に住居が立ち並んでいるんですよね。
長崎もそうでしたが、曲がりくねった坂道を歩くと、屋根と屋根の間から海がのぞく、
港町の佇まいは、風情があります。

彦島と下関の間の小門海峡は、昔はもっと幅があって、絶好の漁場だったのが、昭和になって埋め立てによってあんなに接近したんだそうです。
「小門の夜焚き」という舟遊びは、伊藤博文も楽しんだんだって。
http://www.hikoshima.com/odo/index.htm

投稿: 二つ目草 | 2005/11/16 22:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 文化の日ラッシュ | トップページ | ステレオ歴史探訪(8) 九州孔子廟対決 多久vs長崎 »