« 具雑煮求めて島原へ | トップページ | 豆まき、鰯、恵方巻き »

2006/01/28

ミノルタ・プチショックとオンラインラボ体験

minolta

「カメラ事業、フォト事業の終了と今後の計画について」
コニカミノルタプレスリリース 2006年1月19日

巷では、このニュースの衝撃も一段落したところでしょうか。
最近使っていないのですが、私も、銀塩一眼はミノルタでシステムを組んでいました。
標準ズーム、望遠ズーム、マクロレンズ、外付けストロボ、リングフラッシュ。
仕事にも、運動会にも活躍してくれましたし、中国雲南省にも連れて行きました。

そして、多くの方がすでに語られているように、ミノルタといえば我々の年代なら、あのCM。
今はおばさんになってしまいましたが、宮崎美子さんのビキニ姿は、「今の君はピカピカに光って~」の歌詞のように、思春期の目にはとてもまぶしかったものです。

コニカミノルタのカメラ事業終了は、わたしに直接大きな影響はありませんが、やはり、ちょっと寂しく感じます。
ちょうど、コニカミノルタのオンラインラボを利用してオーダーしていた響灘の夕景のA3プリントができあがってきていましたので、送料500円を節約するため、近所のローソンまで取りに行きました。
ミノルタのカメラで撮った写真ではありませんが、プリントを抱えて帰りながら、遺影のように感じてしまいました。
試しに注文してみたA3プリントでしたが、1,050円でこの仕上がりは大変満足。
これとは別に注文していた広告つきプリント(L判)は、広告が別に1枚入るだけで、1枚15円になってしまうという非常にお得なサービス。
フォト事業も終了してしまうようですが、デジカメプリントは存続するのでしょうか。
そういえば、コニカは昔はサクラカラーという名前で、うちはフジよりサクラだったなぁなどと、朱色のパッケージを懐かしく思い出しました。

|

« 具雑煮求めて島原へ | トップページ | 豆まき、鰯、恵方巻き »

column」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
今回の「コニミノ」のカメラ部門からの撤退は、デジタルと言う船に乗る事が出来た者たちがそれ以外の者たちをふるいに掛けたような、そんな非常にショッキングな出来事でしたね。

うちにも「アルファ7000」が眠っていますが、何とも言えず残念です。

投稿: ROOM1965 | 2006/01/28 23:38

>ROOM1965さん
はじめまして。ご来訪ありがとうございます。

写真のα303siは、私にとってはαシリーズ2台目で、α7000も以前職場で使っていたことがあります。
αシリーズが、譲渡先のソニーで元気に育ってくれることを祈るばかりです。
コニカも「百年プリント」を売り出した時には、事業の方がここまで短命に終わるとは思わなかったでしょう。
銀塩の市場規模が、この先縮小してしまうのは避けられない流れで、そうなると市中のラボは減少し、フィルムの種類も供給量も減っていくのでしょうね。
素人が銀塩を楽しめるのも、今がラストチャンスのような気がしてきました。

投稿: 二つ目草 | 2006/01/29 00:26

4枚お得ってCMは、サクラカラーでしたっけ?
フィルムパッケージの色がそのメーカーの得意な色だって、まことしやかに言われてた気がします。
小倉駅に、ディーゼル特急にちりんの撮影にいくとき使ったフィルムがサクラカラーでした。
なんか肌色とか赤っぽい色がきれいに出そうな気がして・・・。
そのうち、ネガフィルムも、リバーサル並みに高くなるんだろうか???
PENTAX LX放出する人が増えないかなあ。

投稿: でぱいゆ | 2006/01/30 00:33

>でぱいゆさん
ありましたね~。欽ちゃんですね~。
「4枚増えて値段は同じ。どっちが得かよ~く考えてみよう」ってやつですが、そういえば、それまでは20枚撮りだったのが、それ以降24枚撮りが普通になっちゃったんでした。

そうそう、昔、職場の先輩たちは肌色が健康そうに出るからというので、コダックのリバーサルを使ってましたが、私もなんとなく黄色いパッケージからそんな先入観を植え付けられていたような気がします。
でも、コダックは高いし、現像に時間がかかるので、そのうちフジに変わりました。

ネガからサービスプリントっていうのも、すでに一般的じゃなくなってきましたから、今後フィルムの入手も難しくなっていくのでしょうね。

投稿: 二つ目草 | 2006/01/30 00:58

ネガ>現像のみ>フィルムスキャナ
というマイナーな方法を使ってます。
現像のみでも、サムネイルプリントはやってくれるので、便利です。

投稿: でぱいゆ | 2006/01/30 04:39

そういえば、昔サクラカラーってありましたね(今はないので
しょうか)。あれはコニカが作ってたんですね。

フィルムと言えば、フジカラー・サクラカラー・コダカラー
以上しか知りませんでした。(^^)

ミノルタショック、私の場合まだまだ尾を引いています。

投稿: wanwanmaru | 2006/01/30 23:26

>でぱいゆさん
私も、銀塩を久しぶりに使ってみようかな~と常々思いつつ、なかなかやる機会がありません。
銀塩の魅力を引き出せるほどの機材を持ってないからかもしれませんが。

オンラインラボでデジカメプリントを頼んだら、ちゃんとサムネイルプリントがついてました。

>wanwanmaruさん
元々、小西六っていう会社の、日本のブランドがサクラカラーで、海外向けのブランドがコニカだったのを、後に社名もブランドもコニカに統一したのですね。
小西六って変わった名前だなと思ってましたが、由来は小西六兵衛店という、東京麹町の薬種問屋で、明治6年には、写真・石版印刷材料の取扱いを始めたという大変由緒あるメーカーだったそうな。

サクラブランドって、門司のサクラビールもそうですが、散ってしまう運命なのかしら。
サクラクレパスは頑張ってますが。

投稿: 二つ目草 | 2006/01/31 01:43

フジフィルムも何やらフィルム部門の整理を始めた様子ですねぇ・・・銀塩じゃあ喰ってけないんでしょうねぇ・・・
そのうち・・・フィルム使って写真撮るって行為自体がものすごい金持ちの道楽みたいになる日が来るかも知れませんね。

投稿: nakky | 2006/02/01 15:07

>nakkyさん
そうですか、フジも...。
コンビニでフィルムを買えなくなる時代は、案外近いのではないでしょうか。
完全に趣味のアイテムになってしまうでしょうね。

私も、最後にフィルムを扱ったのがいつだったかも思い出せないくらい、銀塩から遠ざかってしまいましたが、最近ちょっと銀塩が気になっています。

投稿: 二つ目草 | 2006/02/01 22:25

遅くなりました。面白い写真ですね~。
一瞬どうして撮ったのか 考えてしまいました。プリントの海が置いてあったんですね。(^^)
カッコいい写真です。
ちびた でした。

投稿: ちびた | 2006/02/02 16:26

>ちびたさん
大きくプリントするのもなかなか楽しいですよ。
銀塩のプリントでこのサイズまで大きくすると、結構な値段になるかと思いますが、デジタルなら1050円でできてしまいます。
プリントしてみると、新たな反省点も見えてきますし。
今、これを入れる額を物色中です。

投稿: 二つ目草 | 2006/02/02 20:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 具雑煮求めて島原へ | トップページ | 豆まき、鰯、恵方巻き »