« 門司赤煉瓦プレイス | トップページ | ワカサギのからあげ »

2006/02/19

ニワトコの芽覚め

20060219niwatoko01m

▲click for 684*1024pix image

瀬板の森公園は広い公園ですが、この時期あまり華がありません。
山茶花が少し咲いているくらいで、撮影になりませんでしたが、
帰りがけ、一本の木に目が留まりました。
面白い形の木の芽ですが、何の木でしょうか?

20060219niwatoko02s

20060219niwatoko03s

追記

樹木鑑定サイト「このきなんのき」の掲示板のみなさんに教えていただき、これがニワトコの芽だということが判りました。
ということで、タイトルも改めさせてもらいました。
赤ちゃんが目を覚まして、伸びをしているように見えますが、頭の部分は白く小さな花になり、両手の部分は葉になるようです。
そして、たくさんの赤い実を付けます。

掲示板での情報によると、この芽は天婦羅にすると美味しいのだそうです。
ここの芽を採取することはできないのですが、機会があれば試してみたいです。
「このきなんのき」の皆さまありがとうございました。

それから、いろいろ調べてみました。
顕微鏡用の切片を作る時に支持として使ったピスは、ニワトコの若い茎の髄を箸などで抜き出して乾燥したものだったんですね。
また、接骨木とも呼ばれて、骨折や打撲の治療に葉などが外用されたようです。

このニワトコは、赤い実になるまで見守っていきたいと思います。

|

« 門司赤煉瓦プレイス | トップページ | ワカサギのからあげ »

[[*istDS ]]」カテゴリの記事

[TAMRON90Macro]」カテゴリの記事

コメント

もちろん私もなんの芽か判りませんが、面白い形ですね。
案外咲いてみたら、なあ~んだって花かも知れませんね。

もし後日瀬板に行かれる機会がありましたら、是非確認
をお願いします。
結構気になってたりして・・。(^^)

投稿: wanwanmaru | 2006/02/19 23:44

>wanwanmaruさん
やはり花芽のようですよね。
毎週通って、観察日記をつけなければ。(^^)

咲くまでのお楽しみにしてもよかったのですが、
樹木鑑定サイト「このきなんのき」
http://www.ne.jp/asahi/blue/woods/
という便利なサイトを見つけたので、そこの掲示板で鑑定をお願いしてみました。

投稿: 二つ目草 | 2006/02/20 00:00

今、掲示板を覗いてきましたら、もう回答をいただいていました。
スイカズラ科「ニワトコ」の混芽で、ヽ(^o^)丿をしているこどもに見える頭の部分が花芽で、両手の部分が葉芽なのだそうです。

投稿: 二つ目草 | 2006/02/20 00:16

ニワトコの木は、冬でも芽を出すということから、檜の葉や、杉の葉と共にお祭りの儀式にも使うことがあります。
しかし、いいサイトを知っていますね。これは使えます!。(^^)
ちびた でした。

投稿: ちびた | 2006/02/20 21:54

>ちびたさん
へぇ、お祭りにも使われるのですね。
そういえば、縄文人がこの実から酒を作っていたらしいという説も見かけました。
ニワトコの花や実はこれまでにもあちこちで見てはいたのですが、昔からいろいろな役に立っている植物だというのは、今回初めて知りました。
散策していても名前の分からない樹木ばかりですが、デジカメ&インターネットを使うと、その植物の背景までも知ることができて、新しい楽しみを覚えました。

投稿: 二つ目草 | 2006/02/21 00:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 門司赤煉瓦プレイス | トップページ | ワカサギのからあげ »