« 黄水仙 | トップページ | 橋のある町、戸畑 (前編) »

2006/03/28

今夜全国放送、NHK福岡発ドラマ「いつか逢う街」

Kaho

平成17年12月4日の記事炭鉱隆盛時代の「気」を伝える嘉穂劇場でご紹介した、飯塚市の嘉穂劇場を舞台にした、福岡発地域ドラマ「いつか逢う街」が、今晩平成18年3月28日(火)午後11:00~11:59、NHK総合テレビで全国放送されます。

福岡県飯塚市を舞台に、歴史ある芝居小屋を愛する人々の思いを描く。中園健司・作、石田涼太郎演出。福岡・飯塚で生まれ育った畳職人の岳史(永島敏行)は、得意とする手作り畳の注文が減ったことからやりがいをなくしていた。折しも岳史は、広島で会社を経営する友人から入社を誘われる。妻の真弓(藤吉久美子)には反対されたものの、岳史は広島へ行くことを決意。そんな折、息子の徹(永島柊吾)が和太鼓クラブの練習場である嘉穂劇場で火の玉を見たと騒ぎだす。後日、劇場を訪れた岳史は、炭鉱作業員で大衆演劇が大好きだった亡き父、徹男(イッセー尾形)の幽霊と遭遇する。

平成17年12月9日(金) 午後7:30~8:43に九州沖縄ブロックで放送されたのを見ましたが、イッセー尾形の好演が光っていました。
今日の放送時間からすると、九州沖縄ブロックで放送されたメイキングは省かれるようで、永島敏行が「殿方皆殺し」のポスターを見てニヤニヤしてるシーンが見られないのがちょっと残念。

|

« 黄水仙 | トップページ | 橋のある町、戸畑 (前編) »

column」カテゴリの記事

コメント

え~!!
そんなドラマやってましたか。
この記事を拝見するのが一足遅かったです…
悔しい。
こうなったら、一度は実際にに行って見なきゃならんなあ…

投稿: pogetaro | 2006/03/29 00:54

広島でもメイキングやらないかなあ

投稿: でぱいゆ | 2006/03/29 15:29

>pogetaroさん
告知が放送の2時間前じゃあ遅すぎましたね。
ドラマでも奈落のシーンがありましたが、
そういう舞台裏まで自由に見学できるので、
貴重な体験ができますよ。

>でぱいゆさん
メイキングでは、地元の人たちがエキストラとして炭鉱夫の扮装をしているところなどもあり、
役者さんも素人さんも、この劇場を愛してやまないところがよく分かりました。

投稿: 二つ目草 | 2006/03/29 20:10

う~、見損なってしまいました・・。内容的には面白そうだった
のですが・・。

父親の幽霊が出てくるあたり、もーれつア太朗に似てますね。(^^)
きっとNHKだから、また再放送してくれると期待して待ちます。

投稿: wanwanmaru | 2006/03/30 17:02

>wanwanmaruさん
ストーリーは、多少ベタなところもありますが、イッセー尾形や永島敏行の配役がよかったですし、地元エキストラを動員したクライマックスは感動的でした。

平成18年4月1日(土)午後10:00~10:59デジタル衛星ハイビジョンというのは前から決まっていたようですが、平成18年4月16日(日)午後1:50~2:49総合テレビ[全国]の告知が出てました。さっそく再放送決定のようです。

九州ブロックの放送は、私が撮影に行った直後だったので、嘉穂劇場のシーンでは、NHKのカメラマンがモチーフをどう切り取っているかに目が行き、カメラーワークの勉強にもなりました。

永島敏行は嘉穂劇場が大変気に入ったようで、その後民放の九州ローカル番組で、また飯塚を訪ねてましたね。

一度現場に行かれると、感動も大きいと思いますよ。

投稿: 二つ目草 | 2006/03/30 19:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 黄水仙 | トップページ | 橋のある町、戸畑 (前編) »