« ブログの影響力に戸惑う | トップページ | オナラ »

2006/03/11

朝の北九州空港

20060311kkj01m

▲click for 1024*684pix image

3月16日の新北九州空港開港まであと5日。
24時間運行可能な海上空港として生まれ変わります。
そこで、取材に行ってきました。

はい、そうです。
こういう時に、私が行ってみたくなるのは、役割を終える今までの北九州空港のほう。
とてもシンプルな造りの空港には、まだ朝靄が漂っていました。

20060311kkj02


20060311kkj03


20060311kkj04


20060311kkj07


20060311kkj08


20060311kkj09

私も、過去に数度利用させてもらいましたが、のどかな空港でした。
実は、1944年9月1日、旧陸軍の戦闘機基地として建設された歴史のある飛行場だったのですね。
長い間、お疲れ様でした。

|

« ブログの影響力に戸惑う | トップページ | オナラ »

[[*istDS ]]」カテゴリの記事

[DA50-200]」カテゴリの記事

[DA16-45]」カテゴリの記事

コメント

私も現空港がお役御免になる前に撮影しておこうと思ってました。
ここは展望デッキの入場料なんてなかったですよね。

日本一貧相な空港とか、離着陸の難しい空港とか、その他もろもろ
いろんな肩書きを持つ空港ですが、なくなると思うと寂しい限りです。

でも、出発時に空港関係者全員で見送りをするという光景は感動すら
覚えます。この点については、自慢できる空港だと思ってました。

投稿: wanwanmaru | 2006/03/12 00:10

>wanwanmaruさん
駐車場が1時間150円ですが、展望デッキは無料でした。
展望デッキといっても、外階段を上って、1階の屋根に上がるだけという感じで、今朝も、犬の散歩に来ていた人なんかは、お散歩コースの一環なのか、そのまま犬と一緒に上がってきてました。

ほんとに何もない空港ですし、ここから飛び立って羽田に着いても、空港の端のほうに降ろされるので、ランプバスに延々ゆられてようやく旅客ターミナルに到着するという冷遇ぶりですが、やっぱり、この職員総出のお見送りは、なかなか微笑ましいですね。

新空港の展望デッキにある足湯や、九州各地の焼酎立ち飲みができる角打ちコーナー、「銀河鉄道999」のメーテルの姿をした案内ロボットも、そのうち体験したいです。

投稿: 二つ目草 | 2006/03/12 00:44

曽根の飛行場も、60歳ちょっとで定年をむかえましたか・・・。
中学の頃は、YS-11しか飛べないのかと思ってました。

新空港が、福岡空港との関係など、また微妙な感じがしますが、便利になるといいですね。

メーテルの案内ロボット、お色気たっぷり?
ロボットだと車掌さんやアナライザの方がピッタリなんだけどなあ。

投稿: でぱいゆ | 2006/03/12 19:07

>でぱいゆさん
曽根の北九州空港も一時は定期便が廃止になったり、波乱の歴史があったようですが、新空港のつなぎとして、ジェット便が就航するようになったようです。
北九州市でも西のほうだと、福岡空港とどちらを選ぶか迷うくらいです。
福岡もかなり過密になっているようですし、都心に近いところにあって、騒音問題もありますから、24時間運行可能な海上空港ができるのは有効かもしれません。
でも、下手をすると、東京出張は日帰りでということになる恐れがあります。

メーテルのロボット、どういう出来なのか、まだ見ていませんが、お色気にはちょっと期待しています。

投稿: 二つ目草 | 2006/03/12 20:36

メーテル、いました!

http://www.asahi.com/special/robot/SEB200602280005.html

アニメそのまんま。
身長170cm。
ん?九工大製?
これも地元が作ったんやねえ。
「旦過市場ちどこね?」って尋ねたら答えてくれるんやろか?

投稿: でぱいゆ | 2006/03/12 22:54

>でぱいゆさん
松本零士氏本人も関わっているのでしょうか。
いい感じですね。
北九州でロボットと言えば、安川電機かテムザックかと思いましたが、九工大もやりますね。
その質問、メーテルは北九州弁で答えてくれるのでしょうか。

投稿: 二つ目草 | 2006/03/13 00:07

魚町銀天街の南にあるっちゃ

これじゃあラムちゃんやん

投稿: でぱいゆ | 2006/03/13 22:42

>でぱいゆさん
「え~、じゃあラムちゃんは北九州なの~?」と思ってちょっと調べたら、「~だっちゃ」には、新潟説、仙台説、鳥取説なんかが挙がってました。

そういえば、北九州弁というものをよく知らないのでした。
「~っちゃ」って言うんでしたっけ。
筑豊弁では、「~しているから、~だ。」って言うのを、「~しちゅーきー、~っちゃ。」なんて言ってたみたいですが。

投稿: 二つ目草 | 2006/03/13 23:06

横から失礼しま~す。
ラムちゃん言葉は新潟説が有力かと・・。
作者の高橋留美子が新潟出身のようで、この前新潟に出張した時、
新潟の街中を犬夜叉号(バス)が走ってました。

ちなみにドカベン号ってのも走ってました。

郷土出身の漫画家や作家が、地元の活性化のために活躍するって
いう話、結構多いみたいですね。

投稿: wanwanmaru | 2006/03/14 22:47

>wanwanmaruさん
やっぱり、私も新潟説支持です。(^^)
水島新司も新潟出身なんですね。
南海時代からず~っとホークスファンのようなので、関西の人かと思ってました。


北九州出身では、松本零士の他にも、わたせせいぞうが新北九州空港のCMを手がけたりしていますね。

折尾辺りでは、松本零士デザインの地域通貨オリオンが流通していますが、一度手にしてみたいと思っています。
http://www.city.kitakyushu.jp/~yahata-nishi/osirase/mimiyori92.html

投稿: 二つ目草 | 2006/03/14 23:03

今日から、新九州空港が使えるのですね。
早く、行ってみたいです。(^^)
ちびた でした。

投稿: ちびた | 2006/03/16 16:27

>ちびたさん
東京や沖縄に日帰りで行けることを思うと、距離が縮まった気がします。
どうせ行くのなら上海やウラジオストクかな。
新北九州空港ポイントカードも作っちゃったし。

投稿: 二つ目草 | 2006/03/16 21:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブログの影響力に戸惑う | トップページ | オナラ »