« ステレオ歴史探訪(9) 河内貯水池(前編) 南河内橋  | トップページ | 「塩の道」と「砂糖の道」 »

2006/05/16

ステレオ歴史探訪(9) 河内貯水池(後編) 堰堤

Dam06
南北に細長い貯水池の北の端にある堰堤に来ました。

Dam09
案内板の上に誇らしげに輝く新日鐵のマーク。
昭和2年に完成した美しいこのダムは、八幡製鐵所の工業用水を確保するために作られた、一企業の施設なのです。
設計者は八幡製鐵所の部長さんだそうで、当時東洋一の規模のダムを自前で作ってしまうとは、八幡製鐵所の隆盛が偲ばれます。

Dam01_st_p
Stereo Parallel viewing,平行法でご覧ください。
Click for 800x533pix Cross-eyed Stereo image
クリックすると交差法の大きな絵がポップアップします。

Dam04
なんとも贅沢な、石の装飾の取水塔。

Dam05


Dam07
堰堤の欄干も、恐ろしく手の込んだ石の細工が施されています。

Dam03
堰堤のそばの階段を登ったところにある堰堤管理事務所も、西洋の古い城を思わせる造りです。

|

« ステレオ歴史探訪(9) 河内貯水池(前編) 南河内橋  | トップページ | 「塩の道」と「砂糖の道」 »

stereo/panorama photo」カテゴリの記事

stereo historical tour」カテゴリの記事

[[*istDS ]]」カテゴリの記事

[DA16-45]」カテゴリの記事

コメント

いつかは撮りたいと思ってた堰堤。
早朝、湖面から立つ霧に霞んだりすると、もーここは、ヨーロッパ!って感じです。

PENTAX smc TAKUMAR 28mm/F3.5が、こういた石造りの描写が得意そうなので、いつか挑戦したいなあ。

投稿: でぱいゆ | 2006/05/17 02:14

>でぱいゆさん
夕方は堰堤の貯水池側から陽が当たって、壮大な堰堤の石積みの側が影になってしまっていましたので、今度は、朝撮りに行こうと思っていました。
霧がかかると、雰囲気が出そうですね。

投稿: 二つ目草 | 2006/05/17 05:56

え~っ、河内ってこんなシブい建物があったのですか!
知らなかったです。

河内はそばを通ったことはありますが、行ったことなかったです。
ここは最近温泉も湧いたし、行楽地として整備されつつあるので、
今度家族連れで行ってみようかな・・。

投稿: wanwanmaru | 2006/05/17 20:09

いや~、誠に美しいですね。
昔の建築というのは、ほんとうに
技術とデザインの粋を凝らしたモノだったのですねえ。
管理事務所の雰囲気なんて、最高ですよ。

投稿: pogetaro | 2006/05/17 20:32

>wanwanmaruさん
私もつい最近まで知りませんでした。
貯水池をぐるっと1周する遊歩道なんかもあって、ゆっくり散歩するのにもいいところですよ。
河内温泉あじさいの湯も以前行ったことがありますが、まだ新しくて、明るい雰囲気の温泉でした。

>pogetaroさん
貯水池に沿って走る道にかかる小さな橋にまで石の装飾がしてあって、エリア全体がデザインしてあるようでした。
管理事務所などは、ほとんど誰も気が付かないような場所にあるのですが、この手の込み様です。
鉄橋も堰堤も当時としては最高水準の仕事だったようで、技術者たちの意気込みが伝わってきました。

投稿: 二つ目草 | 2006/05/17 22:21

新日鉄関係の石の構造物、もうひとつ教えちゃいましょう。
戸畑製鉄所と八幡製鉄所を結ぶ専用鉄道「鉱滓線(こうさいせん)」のトンネル出口です。
戸畑側と八幡側で、様式が異なるので、対比するとおもしろそうですよ。

ヒントは、こちら
http://www5b.biglobe.ne.jp/~tonbo/t70/tobata68.html

投稿: でぱいゆ | 2006/05/18 00:08

>でぱいゆさん
これはまた荘厳なトンネル。
やはり、作られた時期も河内貯水池と同じ頃ですね。
八幡ロイヤルホテルの裏手辺りのようですから、探しに行かなくては。

投稿: 二つ目草 | 2006/05/18 00:27

八幡ロイヤルホテルから、少し九州国際大学側にいったあたりですね。
戸畑側は、大谷小学校の南側辺りになるようです。
20年くらい前は、複線だったと記憶していますが、
いまは単線になってますね。

いろいろ検索していたら、行ったことのない
近代遺構がたくさんありました。
http://bunhaku.hp.infoseek.co.jp/heritage-yahata.html

投稿: でぱいゆ | 2006/05/18 02:43

ここからリンクをたどった方がよさそうです。
http://bunhaku.hp.infoseek.co.jp/heritage-top.html

投稿: でぱいゆ | 2006/05/18 02:46

>でぱいゆさん
リンク先はとても詳しいですね。
いくつかは見たことがあるものでしたが、
価値のあるものだったのですね。
枝光辺りまでなら、頑張れば自転車で行けそうな距離なので、遺構を探して散策してみようかな。

投稿: 二つ目草 | 2006/05/18 23:32

坂きついですから、自転車だと。

投稿: でぱいゆ | 2006/05/19 02:21

>でぱいゆさん
そういえばあの辺は急坂でしたね。
かといって、車を止める場所もないので、JR枝光駅下車、戸畑駅までの徒歩探索といきましょうか。

投稿: 二つ目草 | 2006/05/19 05:41

な・なんと~「近代化産業遺産 総合リスト」に、私の勤めている
会社の事務所が・・。

ウチの会社って遺産だったのね・・。(^^)

外観もレトロですが、中身も相当のものです。あまりの古さに驚く
お客さんも多いです。

投稿: wanwanmaru | 2006/05/19 18:33

>wanwanmaruさん
へぇ~、すごいですね。
ちょっと、うらやましい。
観光客として眺めているのには良くても、実際に住んだり、仕事に使ってる人にとって、過ごしやすい場所なのかどうかは、また別なのでしょうけど。
でも、昔の建物の部屋は、天井が高くて居心地がいいです。

投稿: 二つ目草 | 2006/05/19 23:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ステレオ歴史探訪(9) 河内貯水池(前編) 南河内橋  | トップページ | 「塩の道」と「砂糖の道」 »