« 福北ゆたか線途中下車、篠栗霊場南蔵院の寝ぼとけさん | トップページ | SILKYPIXでの色調整 カラーモード »

2006/05/04

イカ食べ行こう~♪ウナ食べ行こう~♪ 新生下関市を左回り

Shimonishi01


Shimonishi02
“あまりにも絵になりそうな、魅力的な白いハッピービーチ”を求めて、2度目の角島訪問。

Shimonishi03


Shimonishi04


Shimonishi05
前回は昨年3月、雨の中の一人旅でしたが、今回はGW家族日帰り旅行第2弾。
ところが、今回の角島は、角島大橋の手前から島内まで、大渋滞。
灯台から海岸付近もカップルや家族連れでごった返していて、静かな島の雰囲気を味わうという感じではありませんでした。
それでも、軟らかくて美味い1本200円のイカ焼きには、家族も大満足でした。


Shimonishi06


Shimonishi07
時間は遡りますが、今回は下関ICから、菊川、豊田と、東寄りのルートで北上しました。
実は、海岸線を北上するつもりが、調子の悪いカーナビに騙されて迷い込んだのですが、結果的には、同じ道を往復するよりも楽しめました。
ただ、高速は小月ICで降りた方がよかったかもしれません。

豊田町の道の駅「蛍街道西ノ市」の裏にまわると、畑の中に、銀色に輝くドーム状の建物がありました。
それはなんと「豊田ホタルの里ミュージアム」という、ホタルの博物館でした。
正直なところ、箱物ってやつかなと思いましたが、入ってみると非常に充実した内容の展示でした。
ホタルの目線でゲンジボタルの一生を体験する巨大ジオラマや、各種の水生生物の水槽。
クイズラリー形式でホタルの生態を知ることができ、子どもも大人も、館内を右往左往しながら、真剣にクイズに取り組んでいました。
外には小川が流れる庭があり、ホタルの住む環境が再現されていました。
ホタル成虫発生期の6月は午後9時30分まで開いていて、実際にホタルの乱舞が見られるようです。
観察会や講演会、写真展などの企画も豊富で、何度でも通いたくなる博物館でした。

Shimonishi08
さて、角島からの帰りは、海岸線を南下。
いい時間で、お腹も減ってきました。
となれば、川棚温泉元祖瓦そば「たかせ」に寄らないわけには行きません。
本当は趣のある本館に入りたかったのですが、店の外まで長い行列ができていましたので、あきらめて、脇にある新館へ。
こちらも大繁盛で、30分ほど待って、2階の大広間に上がりました。
瓦そば3人前とうなめし2人前を注文すると、まず焼けた大きな瓦に乗った「瓦そば」が登場。
茶そば、肉、錦糸卵の絶妙なコンビネーション。
ぱりぱりに焼けた香ばしいそばを、温かいつゆに付けて食べます。
完食後の写真も撮っていますが、撮影データを見ると、食べる前が19時43分50秒。完食後が19時49分44秒。
あっという間に平らげています。

Shimonishi09
瓦そばの後は、うなめし。
茶碗によそって、そのまま食べた後、薬味とわさびを載せ、うなめしのつゆをかけて食べると、これは旅の締めとして、もう最高です。

平成17年2月13日に下関市・菊川町・豊浦町・豊北町が合併してできた、広大な「下関市」1周の旅でした。

|

« 福北ゆたか線途中下車、篠栗霊場南蔵院の寝ぼとけさん | トップページ | SILKYPIXでの色調整 カラーモード »

[[*istDS ]]」カテゴリの記事

[[OptioS5n ]]」カテゴリの記事

[DA16-45]」カテゴリの記事

food」カテゴリの記事

コメント

角島のイカに川棚の瓦そば・・。
黄金コースですね~。(^^)

山あり、海ありの最高の日帰り旅行だと思います。
よく考えたら、角島も今や下関市内になるんですね。

行ったことないですが、ホタルの里ミュージアムも面白そうです。

投稿: wanwanmaru | 2006/05/06 00:06

>wanwanmaruさん
渋滞や行列の苦労も、イカ焼きと瓦そば・うなめしが味わえさえすれば...。

このコース、菊川温泉、一の俣温泉、豊田道の駅の温泉、大河内温泉、川棚温泉という温泉めぐりもできるんですよね。

ホタルの里ミュージアムは穴場でした。
おすすめの博物館ですが、ホタルの季節だともっといいでしょうね。

投稿: 二つ目草 | 2006/05/06 00:49

瓦そば!!凄いモノですね。
美味しそう。
灯台が好きなので、いろいろと見て回ってるのですが、日本瓦のある灯台というのも、
ちょっとめずらしいなあ…

投稿: pogetaro | 2006/05/06 08:06

>pogetaroさん
山口県人の私は、ずっと以前から川棚温泉の瓦そばのことはテレビのCMなどで聞いてはいましたが、奇をてらっただけそばかと誤解していて、実際に食べたのは3、4年前が初めて。
巨大な瓦の見た目のダイナミックさはともかく、茶そばを焼いて、焼肉や錦糸玉子と一緒に、つゆに付けて食べるという意外な取り合わせが、こんな絶妙な味になることが驚きでした。
以前、HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP!で、ゲストの安室奈美恵のために、この瓦そばが出され、ダウンタウンの松ちゃんも、最初この外見に何だこれはという感じでしたが、一口食べると、その味に感激していました。

角島灯台は、明治9年に灯が入ったという大変古いものですが、石造りの立派で美しい灯台です。
日本瓦の屋根は、灯台の横に建てられた古い小屋のような建物のものですが、灯台の横には、もう一つイギリスからの技術者が住んだ洋館も残っています。

投稿: 二つ目草 | 2006/05/06 15:23

二つ目草さんが最近初めて瓦そばを食べたというのは以外でした。
地元の料理なので、とっくに経験済みかと思ってました。

かく言う私も30代になってから初めて食べたのですが、感動モノ
でした。あの味はまさに絶品だと思います。数あるそばの中でも
一番好きかもしれません。

あと、おいしいそばというと昔、小倉の井筒屋の地下に売っていた
そば寿司が好きでした。ご飯の代わりにそばを使った巻寿司みたい
なものですが、今でも売ってるのかなぁ。

投稿: wanwanmaru | 2006/05/08 00:50

>wanwanmaruさん
同じ山口県でも、私は南東部に居りましたので、下関の料理は食べる機会がありませんでした。

ざるそばも大好きなんで、それを焼いて瓦に載せるたぁ、どういう了見でぃ、べらんめぇと最初は思いましたが(^^ゞ

そば寿司も何度か食べたことがありますが、どこのだったかなぁ。

投稿: 二つ目草 | 2006/05/08 01:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 福北ゆたか線途中下車、篠栗霊場南蔵院の寝ぼとけさん | トップページ | SILKYPIXでの色調整 カラーモード »