« ダブルOptioS5nによるステレオ撮影 | トップページ | ステレオ動画 若戸渡船の船出 »

2006/07/24

ステレオ動画試作品第1号

前回のダブルOptioS5nによるステレオ撮影で、左右それぞれに撮影した動画ですが、某巨大掲示板で情報をいただき、ステレオムービーメーカーというソフトで1つの動画にまとめることができました。

Stereo01
「stereo01.AVI」(1.06MB)をダウンロード

ただ、OptioS5nの動画は、AVI(MPEG-4準拠)というもので、映像がMPEG-4で圧縮されるAVI形式のファイルなんだそうですけれども、これにはステレオムービーメーカーが対応していませんでした。
そこで、前処置として『AVI2JPG』というソフトを使って、AVI(MPEG-4準拠)のファイルを別のコーデックのAVI形式に変換しておきました。
試作品なので、ファイルサイズが大きい割に画質がいまひとつですが、これでステレオ動画が簡単に作れることがわかりましたので、もっと面白い素材で作品を作ってみたいと思います。

|

« ダブルOptioS5nによるステレオ撮影 | トップページ | ステレオ動画 若戸渡船の船出 »

[[OptioS5n ]]」カテゴリの記事

コメント

あはは、面白いですね。
今後も屋外で撮ったステレオ動画、期待してます!

ただ、クルマが走っているだけの様子でも面白いでしょうね。

投稿: nakky | 2006/07/24 12:05

ステレオ撮影も進化しましたね~。動画ですか・・。
昔、映画館で赤と青のフィルムを貼った紙製の眼鏡をかけて
立体映画を見ていたのを思い出しました。

2つのビデオ画像のタイミングを合わせるのが難しそう
ですが、逆にずらした場合どんな映像になるんだろうとか
思ったりします・・。(^^)

投稿: wanwanmaru | 2006/07/24 17:56

>nakkyさん
どうです?今度は紛うことなくメトロノームでしょ(^^)
ループ再生にすると、ずーっとカッチンカッチン鳴り続けます。

やっぱり屋外の、しかも乗り物系が面白そうですよね。
梅雨が明けたらいろいろ撮って来ます!

>wanwanmaruさん
昔は赤と青のセロファンのメガネでしたよね。
紫がかった灰色の世界でした。
ステレオムービーメーカーでは赤青メガネ用の動画も作れるようです。
最近の立体映画は偏光メガネなので、ちゃんとフルカラーですね。

左右のタイミングが合うのかどうかは心配だったので、それを確かめるためにメトロノームを撮影したのですが、リモコンへの反応も左右一致していましたし、動画の再生スピードも合っているようです。
ずらすとどうなるのか、このソフトは左右の映像の時間のずれを修正することもできるので、今度試してみます。

そういえば、横に流れる車窓の風景を眺める時、右目と左目とは同じ映像をちょっとしたタイムラグをもって見ていることになるのですが、その原理を利用すると、一台のビデオカメラで撮った車窓の映像から、右目と左目の映像を起こすことができ、それで立体動画が作れるそうです。
ステレオムービーメーカーにはそんな機能もついていて、なるほどなと感心しました。

投稿: 二つ目草 | 2006/07/24 19:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ダブルOptioS5nによるステレオ撮影 | トップページ | ステレオ動画 若戸渡船の船出 »