« 特牛(    )駅に降りる | トップページ | ブログ開設2周年 »

2006/08/20

Which do you like better?

20060416tobata09▲Original Photo


C52110_1155876381▲PChome.net version


おとといアクセスが急に増えたので調べたところ、PChome.netという中国のサイトのPentax掲示板に太强了,ISTDS套头居然用到这种地步というスレッドが立って、私のDA18-55mmで撮った写真が俎上に載せられたようです。

http://futatsumekusa.air-nifty.com/blog/da1855mm/index.html

而且似乎是直接出片,没有调过颜色

エキサイト翻訳で中国語を日本語に翻訳してみましたが、どういう論調なのかまったく読み取れません。
付けられたレスには、露出を調整した写真まで載せてあるところをみると、どうも露出不足その他の技術的問題も指摘されているようです。
修正されたものは、私の好むトーンとは違ってしまっているので、作者としては却下させていただきたいところですが、後学のためにスレッドの議論の内容が気になっています。

なお、議論の材料にしていただいたことは大変光栄で、歓迎いたします。

二つ目草の写真帖 http://futatsumekusa.air-nifty.com/blog/ → 这边中文版

|

« 特牛(    )駅に降りる | トップページ | ブログ開設2周年 »

[[*istDS ]]」カテゴリの記事

[DA18-55]」カテゴリの記事

column」カテゴリの記事

コメント

いちおう,ペンタックスのDS掲示板で,ここも読んでいるようですね。好みの問題だとは思いますが,僕は,階調が残っているオリジナルの方が好きですよ。どんなモニターを使うかにもよるかもしれませんが,下の写真は,白飛びしちゃってますよね。
写真は,撮る人が好きな写真を撮ればいいし,見る人も好きな写真を見ればいいと,最近しばしば思うんです。

投稿: HAMACHI! | 2006/08/21 00:25

あれ?修正後の方は、完全にオーバーに見えます・・・。

投稿: Legin | 2006/08/21 00:29

>HAMACHI!さん、Leginさん
あちらの掲示板で行われている議論の内容がまったく分からないので、お互いに誤解が生じる恐れも覚悟しなければいけません。
この修正も、「黒潰れしているように見えるところにも階調が残っている」ということを示すのが意図なのかもしれませんから、作品として比較してよかったのかどうかも。
白飛びは強い日差しを表現する上では有効ですし、下の写真ではそういう雰囲気が表現されています。
ご覧になる方がどう感じるかもまた自由ですが、稚拙ながらも、公にしている著作としては、オリジナルを主張しておきます。
海の向こうでネタにしてもらったのは、面白く、いい経験になりました。

投稿: 二つ目草 | 2006/08/21 00:51

私の目にも明らかに上の方が好ましく見えます。
画作りにも国民性とか現われるんでしょうかね?

でも、時々他の人のモニターで見ると自分で撮った画がひどく露出不足の画のように見えることもありますんで、見るモニターによっても変わってくるんでしょうね。

投稿: nakky | 2006/08/21 08:56

>nakkyさん
その後あちらの掲示板でも、オリジナルの方が好みだという書き込みがちらほらされているようですが、絵作りに国民性が出てくれても面白いですよね。
よく考えると、ここ北九州からの直線距離だと、nakkyさんの札幌よりも上海の方がずっと近いんですけどね。
(そういえば、駒大苫小牧は残念でしたねぇ。ホントにどっちにも勝って欲しいと思った決勝でした。)

確かにモニターによる差は大きいですよね。
今使っている液晶モニターでも、見る角度によってもかなり違いますし。

投稿: 二つ目草 | 2006/08/21 18:49

洞海湾の匂いがする上の写真がいいな。
下の写真は、夏!って感じだけど、洞海湾じゃなくなってる。

投稿: でぱいゆ | 2006/08/21 23:48

>でぱいゆさん
洞海湾の匂いなら、ちょっと湿った空気じゃないとね。
ちなみに撮影は、夏!ではなっくって、4月の午後2時でした。

投稿: 二つ目草 | 2006/08/21 23:53

今フッと思ったんですけどね・・・
中国とか台湾とかあちらの「仏教関連の建築物」なんかも日本と比べモノにならないくらい「極彩色」に彩られていたりしますよね。

きっと気候とか風土とか色々重なって、色に対する国民性とか嗜好っていうのは異なるのでしょうね。
日本人はワビサビですしね。

投稿: nakky | 2006/08/28 09:22

>nakkyさん
私は写真にもそのわびさびを求めていますが、長崎に住んでいたときには、孔子廟のような極彩色の中国建築を眺めにいくのも好きでした。

カメラの画像エンジンのチューニングも、海外市場を意識して、メリハリのある色調に移ってきているそうですね。
それもいいのですが、しっとりとして、ボケが淡く美しい日本的な画作りも忘れないようにしたいと思います。

投稿: 二つ目草 | 2006/08/28 23:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 特牛(    )駅に降りる | トップページ | ブログ開設2周年 »