« ひき潮 | トップページ | 遠賀川沿いから冷水越え »

2007/04/28

到津の森公園で動物撮り

Itozu01


Itozu02


Itozu03


Itozu04


Itozu05


Itozu06

GW初日。
上の二人は学校があり、暇を持て余している下の娘を連れて動物園へ。
今日は爽やかないい天気で、動物たちもノンビリしていました。

|

« ひき潮 | トップページ | 遠賀川沿いから冷水越え »

[[K10D ]]」カテゴリの記事

[DA50-200]」カテゴリの記事

コメント

到津遊園は動物園に変わっていたのですね。
知りませんでした。
動物も沢山いていい動物園ですね。
小倉に居た頃はすぐ裏の北九州パレスでよく
テニスをしていました…。

投稿: うなむ | 2007/04/30 13:20

>うなむさん
小学生の頃修学旅行で来たときは「到津遊園」でした。(^^)
「いとうづゆうえん」とひらがな表記の方が当時の雰囲気が出てるかも。

平成12年5月31日にそれまで運営していた西鉄が到津遊園を閉じましたが、閉園が決まってからの市民の存続を希望する声が強く、動物園や森を北九州市が譲り受け、市民サポーターの協力の下、平成14年4月13日に「到津の森公園」として生まれ変わりました。
最近では話題の旭山動物園とも協力していて、旭山動物園からのライブ中継が見られたり、体験型の動物園を目指して、GWには夜の動物園を見せたりしているようです。
「戦う動物園~旭山動物園と到津の森公園の物語~」という本まで中公新書から出ています。

投稿: 二つ目草 | 2007/04/30 13:39

50-200mmは、動物園では使いやすそうですね。

草食動物の眼って、表情がなくて、なんか怖いです。

投稿: でぱいゆ | 2007/04/30 18:44

>でぱいゆさん
今回は動物撮り入門という感じで、ベタな写真ばかりですが、DA50-200mmにK10DのSRが効くととても撮りやすいですね。

草食動物は何かを狙う眼ではなく、どこから来るかわからない敵に注意を払う眼だからでしょうか、ヤギなんかを見ても焦点の定まらない眼をしていますね。
やっぱりワイドレンズなのかな?

投稿: 二つ目草 | 2007/04/30 19:47

到津遊園の閉園、新生にあたってドラマがあったんですね。
多くの人たちの希望と、いろいろな人々の努力があったことと思います。
それにしても、動物達の表情が的確に捉えられていてさすがです。
もう何年行ってないでしょうか…
いつかまた行きたいです。

投稿: 赤か毛 | 2007/04/30 22:17

>赤か毛さん
私の周りにいる同年代の北九州育ちに聞くと、夏にここで開かれていた林間学園のことが路面電車とともに思い出されるそうです。
今動物園の成功例として世界的に注目されている旭山動物園の園長も、原点は到津遊園にあると言っているようです。
到津の森公園は、大きな動物園ではありませんが、市民と動物とが触れ合える憩いの場所となっています。
今回の写真は、動物の視線を捉えることにポイントを絞って撮りましたが、動物たちがそれぞれそれらしい素直な表情を見せる、それもいい動物園である証拠かもしれません。

投稿: 二つ目草 | 2007/04/30 22:46

最初のゾウさんと最後のライオンのフレーミング、秀逸ですね~流石です。
ヤギさんの表情にも魅力を感じました。

投稿: 純兵衛 | 2007/05/01 16:31

>純兵衛さん
ゾウさんは餌をもらう時に決まった行動をとっていましたので、予定した構図で何度か撮り直すことができました。
ライオンは風格のある遠くを見る目をしていますが、この2,3日前に死んでしまったメスライオンのことを想っているようにも見えました。
ヤギさんのところはヤギ密度が高く、餌を求めるヤギたちで大変なことになっていましたが、たくさんのヤギをいれたら、もっと面白い写真が撮れたかもしれません。
カワセミのいるケージにはたどり着けませんでした。(泣)

投稿: 二つ目草 | 2007/05/02 06:43

ライオンの横顔がイイですね~。
凛々しいです。
ヤギの(-)目も妙に気になります(笑)

投稿: pogetaro | 2007/05/02 23:52

>pogetaroさん
ちょっと西武ライオンズっぽくしてみました。
球団も動物園も元西鉄つながり...。
もちろん私はホークスファンですけど。(^^)
ヤギは(-)目でどういう具合に見えてるんでしょうね。

投稿: 二つ目草 | 2007/05/03 00:12

これらの写真は全て DA50-200mm での撮影
でしょうか。評判通り凄く描写力が良いと
思いますし、使いこなしてるな~って感じ
がしますね。

私の場合、18-200mmを買って以来、望遠系
レンズの出番がなくなっていますが、少し
見直さないといけないかも・・。

高倍率ズームではここまでの描写は厳しい
と思います(腕の悪さもありますが・・)。

それにしても最後のライオン、カッコイイ
ですね。到津のライオンってこんなに男前
だったのですね。(^^ゞ

投稿: wanwanmaru | 2007/05/04 14:53

>wanwanmaruさん
この時は、DA50-200のみの撮影でしたが、コンパクトな望遠ズームは、動物園では重宝します。
オリジナルはもっとコントラストが低く、階調重視の画になっていましたので、ブログ用に補正しています。

中公新書の『戦う動物園』を読んでいるところですが、このオスライオンは、園長同士が親友という旭山動物園から無償で送られたようです。

投稿: 二つ目草 | 2007/05/04 15:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ひき潮 | トップページ | 遠賀川沿いから冷水越え »