« 花に嵐 | トップページ | 黄昏の頓田第二貯水池 »

2007/04/07

2つの贈りもの

Gps

4月中旬まで仕事が立て込んでいて撮影に出られません。
そんな中届いた、二つの「贈りもの」

九州国立博物館から、平成19年4月10日~6月10日に開かれる特別展『未来への贈りもの 中国泰山石経と浄土教美術』のペア招待券が届きました。
先日の記事「太宰府散策」で『若冲と江戸絵画』展を取り上げ、九博の「ぶろぐるぽ」にエントリーしていたのですが、そこでのプレゼントに当選したものです。
「エントリー頂いた半数以上の方へプレゼントすることができました。」ということですので、二匹目のどじょうを狙って第2回ぶろぐるぽにもエントリーしようと思います。
若冲に比べるとちょっと取っ付きにくいテーマですが、「世も末よのぉ」という末法の到来が叫ばれ始める中、自分たちの代が滅びても、何とか仏の教えを未来へ残そうとした先人の思いを感じに行きたいと思っています。
教科書の写真で見たことのある空也上人像も見てみたい。

2つ目の贈りものは、SONYのGPS-CS1K。(自分で自分にですが)
こいつをぶら下げて出かけると、15秒ごとに、時刻と緯度経度のGPSデータを記憶していきます。
専用ソフトを使うと、デジカメで撮った写真の撮影時刻から撮影場所を割り出して、JPEGのEXIFにGPSデータを書き込むことができ、さらに、地図上の撮影地点に写真を表示することもできるというものです。
試してみましたが、操作は簡単で、かなり正確な位置が記録されています。
もっと早く手に入れていれば、これまでのブログの記事にも有用なデータが取れたのですが、品不足でなかなか手に入らず、最近ようやく流通するようになったようです。
また、右欄には地図表記を加えて、記事と連動できるようにもしました。
こちらは、右の地図の中から地点を選び、表示されたアドレスに記事をトラックバックすると、地図上に登録される仕組みです。
今後の撮影やブログにGPS-CS1Kを役立てたいと思います。

追記 2007.5.5
以降の記事に掲載している写真には、これを用いてEXIFに緯度経度の情報を書き込んでいます。
旅スナップにはとても便利な道具です。

|

« 花に嵐 | トップページ | 黄昏の頓田第二貯水池 »

[[K10D ]]」カテゴリの記事

[M50Macro]」カテゴリの記事

column」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です!
GPSユニットそんな使い方があるのですね~。
お散歩写真が多いぼくには興味津々です。

投稿: pogetaro | 2007/04/07 23:18

何処で撮ったかすぐにわかるので、写真の整理に都合がいいですね。
地図と連動させても楽しいし。
どんな記事になるか、楽しみです。

投稿: でぱいゆ | 2007/04/08 02:38

>pogetaroさん
pogetaroさんの「歩く」シリーズを地図上に並べたら壮観でしょうね。
お散歩写真の中にはどこで撮ったのか思い出せないものもあるので、役に立ちそうです。
ただあまりに正確なので、民家の写真などの場所が特定されるのはまずいでしょうね。

>でぱいゆさん
この機に右欄に新設した地図ALPSLABというのが面白いです。
WIDE MAPを広げると、他の人のブログの記事や写真へのリンクがマークされているので、新しい形のつながりになりそうです。
過去記事もぼちぼち地図に貼っていこうと思っています。

投稿: 二つ目草 | 2007/04/08 08:39

何やら面白そうなモノを入手されたようですね~。
これからの活用法が楽しみです。

とは言え、お忙しいようで、中旬までお預けですね・・。
もう少しの辛抱、私らも辛抱強く待ってます。(^^)

投稿: wanwanmaru | 2007/04/08 22:26

>wanwanmaruさん
カミさんと共用になってクルマがなかなか使えなくなったので、自転車でのポタリングや、鉄道でどこか1駅分歩くといったスタイルでの撮影をやってみようと思っています。
GPS-CS1Kを使うとそういった足跡も記録できるので楽しみです。
今週ある大きなイベントが終わって、整理がついたら決行します。
今も、時間が全然取れないというわけではないのですが、宿題が溜まっていると何となく気分が乗らないといったところです。

投稿: 二つ目草 | 2007/04/09 00:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 花に嵐 | トップページ | 黄昏の頓田第二貯水池 »