« DA70mm試撮 若戸渡船でNEKONOJI訪問 | トップページ | 畑貯水池から始まる休日 »

2007/05/15

ノスタルジー、エコロジー、ネコノジィー!@若松

Nekonoji

前の記事で、昨日くろねこ屋さんが、NEKONOJIというご自身のお店の名前について書かれたコメントが、あまりにniceでしたので、お店の写真、ちょっと撮り損ねたものですけど、載せちゃいます。

向こうから歩いて来ているご婦人が、もう少し手前まで来るのを待っていたのですが、怪しまれたのか、この後画面左の方に急きょ進路変更して逃げられてしまいました。


2007wakato03


2007wakato05


2007wakato08


|

« DA70mm試撮 若戸渡船でNEKONOJI訪問 | トップページ | 畑貯水池から始まる休日 »

[[*istDS ]]」カテゴリの記事

[DA70Limited]」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!若松を象徴するキャッチになりますね!
渡船とカフェ、とても理想的な出会いだと思います。
私は、密かに洞海湾をジグザグに渡れる渡船が出来ないものかと
考えています。

その乗り場乗り場に、カフェやレストランや雑貨のお店や、
路面電車ののりばがあって、例えば若松バンドから黒崎へ
黒崎から二島へ、と言うように最短距離で行き来できる
生きた洞海湾に出来ないのかな…と、

これが、洞海湾通信の最終目標です。

投稿: 赤か毛 | 2007/05/16 16:29

>赤か毛さん
そのプラン、夢がありますね。
洞海湾岸は多くが工場になっていて、湾へのアクセスを妨げてしまっていますが、町や公園が湾に面してもっと開け、そこに船着場があって湾岸の町を繋げていけば、湾をより身近に利用できますね。

ただ、今回、若松バンドを訪ねて、旧古河鉱業ビルと対をなしていた旧麻生鉱業ビルが消えてしまっていたのはショックでした。
跡にはマンション建設予定の看板が...。
若松バンドとしてのノスタルジックな味を醸すのに重要なビルだったのですが、古川ビルの隣が、高い近代的なマンションに変わってしまっては、景観へのダメージが大きすぎます。

エコロジーの方も、景観として上手く利用できそうなのですが。
http://futatsumekusa.air-nifty.com/blog/2005/03/wind_power_ener.html
http://futatsumekusa.air-nifty.com/blog/2005/09/post_d5e8.html

投稿: 二つ目草 | 2007/05/16 22:59

うわ~お店がアップされてる!!
モノクロになると歴史のあるお店にみえるものですね!
不思議です。平成の世には思えないです。
これが噂のおばあさまですね♪
すでに避けている感じがします。

赤か毛さんのプランには夢がありますね。
ジェットスキーとかヨットとかも往来しているので
もっともっと生活の一部として洞海湾が使われていくといいですよね。

投稿: くろねこ屋 | 2007/05/17 21:08

続けてすみません。
この風車私も始めて見た時感動しました。
友達に目を瞑ったままつれていかれ
目を開けた瞬間別世界についた感じでした。

埋立地とか工業地帯とか、あまり良いイメージではないところで
こんなに感動できるなんて!そう思いました。
環境に優しく、人にも優しく
そんな街になっていくといいなぁ~と思っています。
やっぱりそれには赤か毛プラン是非実行していただきたいものですね!

投稿: くろねこ屋 | 2007/05/17 21:20

>くろねこ屋さん
そうです、このご婦人がその方です。
着物や日傘の姿がよかったのですが、たしかにもう他所を向いちゃってます。

響灘エコタウンの風車群は圧巻ですよね。
目を瞑ったまま連れて行かれたとは、粋な演出です。
私の場合は、風車群のことはまったく知らずに、地図で夕日の見えそうな海岸を探して行ったら、偶然遭遇しました。

若松にはたくさんあるノスタルジー、エコロジーな財産を、どう結びつければいいのか、私も赤か毛さんにならって、地図を眺めてみています。

投稿: 二つ目草 | 2007/05/17 22:28

いいですねえ。整然としてる規則感は気持ちいいです。

投稿: qchan | 2007/05/18 00:24

>qchanさん
ありがとうございます。
「整然としてる規則感」というと4枚目の写真ですね。
コメントからリンクを張った響灘エコタウンの風車群もそうでしょうか。
どちらかというと、「整然と並んでて、ちょっとだけ乱れてる」という崩しがはいってるのが好きですが。

投稿: 二つ目草 | 2007/05/18 06:09

店構えもちょっと小洒落た感じなんですね。

最近喫茶店に行くこともほとんどなくなり
ました(カラオケ屋はっかり!)ので、
たまにはこういうお店で景色でも眺めながら
ボーッとするのも良いかも・・。

投稿: wanwanmaru | 2007/05/18 18:19

>wanwanmaruさん
海に面した窓にカウンターがあって、そこに腰掛けて、コーヒー飲みながら渡船の往復する様子などを眺めていました。
撮影で歩き疲れた後に、一息つけました。

投稿: 二つ目草 | 2007/05/18 21:45

二つ目草さん、風車の写真拝見しました。いいですねー!
実は、昨夏の「洞海湾エコツアー」のとき、あの風車を間近に見る機会があり、感動しました。

公害で苦しんだ街が、エコロジーで再生し、この分野で世界をリードすることが出来るならば、これはすばらしいことと、素直に思います。
立派な景観要素となりえると思います。

まだまだ、問題の多い北九州・洞海湾周辺ですが、二つ目さんやwanwanmaruさんの様に、街のよさをすばらしく捉えて、多くの人たちに伝えることが出来るということは、大きな役割を担っていると思います。
一人でも多くの人が、それも特に地元の人々が「北九州、なかなかいいやん!」と思えることが、とても大事だと思います。

実は、渡船と港のイメージは以前から持っていたのですが、いきなりその好例をくろねこ屋さんが実現されて、目を丸くした次第です。
ブログを通じて、このような貴重な出会いがあったことをありがたく思っています。(長くなってすみません)

投稿: 赤か毛 | 2007/05/18 23:13

>赤か毛さん
私は北九州に暮らしてまだ5年にしかなりませんから、ここで生まれ育ち思い入れのある方から見ればまだまだ異邦人ですが、写真やブログを通じて北九州の自然や歴史に興味を持ち、好きな街になってきています。
個人的な嗜好で風景や事柄を選んできただけなのですが、赤か毛さんのように、北九州のことを深く考えておられる方にコメントをいただけることは、このようなブログをやっていてよかったと思っています。
私自身が北九州のためにできることはとても小さいのですが、みなさんとの交流を通じてもっと北九州のことを知り、街のよさを探していきたいと思います。

投稿: 二つ目草 | 2007/05/19 07:06

二つ目草さん
これからも、いい写真楽しみにしています!

投稿: 赤か毛 | 2007/05/19 16:55

>赤か毛さん
こちらこそ、これからも古今の北九州人の生き様が伝わる記事を楽しみにしています。

投稿: 二つ目草 | 2007/05/19 21:19

私も同感です。
ご縁があって皆さんとお話できるようになり
お店もバックアップしていただき
本当に感謝しています。
私は二つ目さんや赤か毛さんのように大きな事はできませんが
若松に海を眺めながらお茶ができるいいとこがあるよ!と
皆さんにそう言っていただけるようになったら幸せです。
そして渡船にのってNEKONOJIに来ていただけたら
北九州活性にちょっとした貢献ができるかな♪

投稿: くろねこ屋 | 2007/05/19 22:01

>くろねこ屋さん
戸畑駅から渡し場の方に歩いていくと、家並みの間から真っ赤な橋が見えてきます。
ほのかな潮の香りと渡船のエンジンの音。
以前から、この気軽に楽しめる旅情満点の渡船の旅を楽しんできました。
さらに、渡った先の一等地にNEKONOJIという素敵な安らぎの場所ができたのですから、とても幸せなことです。
これから続けていかれる上でご苦労もあるでしょうけれど、応援しています!

投稿: 二つ目草 | 2007/05/19 22:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« DA70mm試撮 若戸渡船でNEKONOJI訪問 | トップページ | 畑貯水池から始まる休日 »