« ついに王塚装飾古墳の内部を観る | トップページ | 蝙蝠マーク »

2007/10/28

葛根湯

Hiakari_s21mmf9.5

10月28日晴れ。

昨日手のかかる仕事が一つ終わってホッとしたせいか、また、秋風が冷たくなってきたこともあってか、今日は朝から鼻水とくしゃみ、悪寒が少し。

小倉に妻と娘を送ったついでに来年のカレンダーとスケジュール帳を買い、帰りがけに日明の港で1枚だけ写真を撮る。
葛根湯を飲み、読みかけの本をいくらか読み進めて休む。

そういえば今日うちのブログでは、「日本石油の蝙蝠マーク」の写真を載せた古いページに全国から20件を超えるアクセスがあった。
ネット上のどこかで話題になっているのだろうか。
せっかくなので、写真のサイズを大きくしておいた。
ちなみに、その写真の場所だが、今はもうお洒落な美容室に変わっていて、蝙蝠マークは残っていない。

|

« ついに王塚装飾古墳の内部を観る | トップページ | 蝙蝠マーク »

[[*istDS ]]」カテゴリの記事

[DA21Limited]」カテゴリの記事

コメント

最近冷えますからね~。

今日門司港をぶらついていたら、風が強くてちょっと
肌寒い感じでした。落ち葉もたくさん落ちてて、風に
舞って秋というより冬のような感じでした。

風邪にはお互い気をつけましょう。(^^)

日石の蝙蝠マーク、多分話題になっているんでしょうね。

ところで写真の場所、見慣れた風景です。日明~西港は
デートコースでした。以外でしょ?。(^^ゞ

投稿: wanwanmaru | 2007/10/29 23:12

懐かしいなあ。
ここ、親父とカレイを釣りに行って、サザエを釣ったり、
ワタリガニをカニ籠で取ったりしたなあ。

そのころは、阪九フェリーがこのあたりにいました。

赤く錆びた繋留鋲と青い海と空や工場の白い煙のコントラストがいいですね。
「どっこい生きてる」って感じで。

投稿: でぱいゆ | 2007/10/29 23:43

>wanwanmaruさん
葛根湯が効いたのか、今日は調子がいいです。

門司港はもうそんな感じですか。
今年は紅葉が未完のまま散ることなく、きちんと見られるといいのですが。

日石のマークは、どうやら2chで不気味なロゴの話題が出て、参考資料にされたようです(^_^;)

日明~西港がデートコースだったのですか?
工場の煙でも二人で眺めればそれはそれでいいのかもしれません。

>でぱいゆさん
でぱいゆさんはお父さんとの思い出の場所ですか。
彦島へのフェリー発着場近くにある釣り公園は、釣り客で駐車場から車が溢れていました。

この日は日曜日でしたが、港や工場はしっかり働いているなと感じました。

投稿: 二つ目草 | 2007/10/30 21:43

このフレーミング素敵ですね~。
手前に鉄錆びのボラートを持って来てこの背景、巧いですね。
ボラートの局面に合わせた様な煙の向きが、効いてますね~。

投稿: 純兵衛 | 2007/10/30 22:25

ボラートの局面

ボラートの曲面

でした~(汗)

投稿: 純兵衛 | 2007/10/30 22:26

>純兵衛さん
どうもありがとうございます。
あのマドロス(←死語だ)が足をかけてるやつって「ボラート」って言うんですね。
何となくモチーフとして好きなので、再三登場しています。
フォーカスをそのボラートに合わせるか、煙突の煙に合わせるか、ちょっと考えましたが、今回はボラートには暗く沈んでもらって、煙の方を引き立てさせました。

投稿: 二つ目草 | 2007/10/30 23:53

葛根湯は、冬になると欠かせないものです。
私はこれ無しでは冬は越せないほど愛飲しています。

家人を見送られて、ひとり
「葛根湯を飲み、読みかけの本をいくらか読み進めて休む。

なんという至福のときでしょう・・・!

ボラートと港と工場の白い煙、いいですね。
煙に焦点をあてられたのは正解と思います。

投稿: 赤か毛 | 2007/10/31 10:31

>赤か毛さん
昨日は深夜に緊急の仕事が入ってほとんど寝られず、せっかくよくなっていた風邪がまたぶり返してしまいました。

仕事帰りに、今日リニューアルしたJR八幡駅の1階にできたドラッグストアで葛根湯液を買ってきましたので、今から飲んで寝ます。

投稿: 二つ目草 | 2007/11/01 22:54

お大事に・・・

投稿: 赤か毛 | 2007/11/05 12:32

>赤か毛さん
お気遣いどうもありがとうございます。
かなり持ち直してきました。

投稿: 二つ目草 | 2007/11/07 01:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ついに王塚装飾古墳の内部を観る | トップページ | 蝙蝠マーク »