« 九博、大絵巻展(後期)とバックヤードツアー | トップページ | 湿軟乾硬 »

2008/06/07

『ミレイ展』、とばた菖蒲まつり、『ザ・マジックアワー』

Millais03

久しぶりにJR九州ウォーキングに参加。
JR戸畑駅→北九州市立美術館→夜宮公園→JR戸畑駅という12kmのコースを、
DA35mm MacroをK10Dに付けて、路傍の花などを撮りながら歩く。


Millais01

最初の目的地、北九州市立美術館では、
「19世紀の英国を代表する画家 ジョン・エヴァレット・ミレイ(1829-1896)の全容を紹介する
日本初の本格的回顧展」が開かれている。
戸畑駅前でローソンチケット(Lコード:84864)の前売り券を買っていくのがお得。

代表作『オフィーリア』以外、ミレイについては何も知らなかったが、
裕福な家庭に生まれ、子供の頃から絵の才能があり、両親もそれを支援。
当時の主流派とは対立する作風をとりながらも、次第に人気も地位も得て成功した画家だったらしい。
「写真」に影響を受けたリアルな描写と、「演劇」的なテーマで、受け入れやすい作品が多かった。
代表作『オフィーリア』の前では、近づいたり離れたりしつつ、しばらく佇む。
人物を描く前に緻密に描き込まれたという川辺の風景は、現地の写真と見比べると忠実に再現されていることが分かる。
『ハムレット』のヒロインオフィーリアは、溺死寸前でありながら殉教者のポーズを取り、至福の表情を見せる。

Millais02

次の目的地は夜宮公園での「とばた菖蒲まつり」
菖蒲園はちょうど満開で、多くの人でにぎわう。
祭りをよそにザリガニ釣りに熱中する少年たちが微笑ましい。

Millais04

Millais05

明治末期、竹内孫次というひとが作り始めた戸畑の郷土玩具『孫次凧』
福岡県内産の竹と和紙が使われ、鮮やかな色づかいとユニークな形が特徴的。
現在は「孫次の孫」の方が継いで、ギャラリーを構える。
妻へのおみやげに小さな兎の凧を購入。

Millais06

約5時間の行程で、JR戸畑駅にゴール。
隣のワーナー・マイカル・シネマズ 戸畑では、本日公開の三谷幸喜の映画『ザ・マジックアワー』が、
ちょうど上演時刻を迎えており、思わず飛び込む。
北九州でも門司港などでロケが行われている。
軽快なコメディーで、疲労回復。

映画のセットから思い浮かぶ風景に会いたくなり、そこから渡船で若松南海岸に渡る。
ここでも車のシーンがロケに使われているのだが、車窓に一瞬若戸大橋らしき赤い影が流れただけだったようだ。

Millais07

「ねこのじぃ」に寄り、アイスキャラメルミルクのほろ苦い甘さでさらに疲労回復。
店主のくろねこ屋さんのお話では、ロケは、店のすぐ前で、車を引っ張りながらの撮影だったとのこと。
ここで歓談した若松紫陽花オフからもちょうど一年になる。

Millais08

そこから石炭会館の「三日月」で人気のクロワッサンを買い、
JR若松駅から若松線に乗って帰る。
洞海湾一周の充実した休日となった。

|

« 九博、大絵巻展(後期)とバックヤードツアー | トップページ | 湿軟乾硬 »

[[K10D ]]」カテゴリの記事

[DA35MacroLimited]」カテゴリの記事

コメント

うわー!ほんとに充実の一日でしたね。
北九州・洞海湾の魅力を堪能ですね。
私もいつかやってみたいです。
とにかく、ねこのじぃには一度お邪魔したいです。

投稿: 赤か毛 | 2008/06/08 19:20

>赤か毛さん
JR戸畑駅→北九州市立美術館は私にとっては修行のような厳しい行程でしたが、
鞘ヶ谷の天籟寺川のせせらぎに慰められました。
天籟寺川はかつては生活排水でどぶ川の様だったそうですが、
地域の人たちの努力で、今では蛍が育つ清流になっているそうです。

マジックアワーとは、日が沈んだ直後のまだ空が明るい時間帯のことだそうですが、
ねこのじぃで閉店まで粘って、その時間を過ごしてみたいですね。

投稿: 二つ目草 | 2008/06/08 21:25

天籟寺川の存在自体を知りませんでしたが
検索してみると、あちこちで紹介される名所なんですね。
しかも、そのような努力があったとは、同じ北九州市民として
誇りであると同時に、自分たちにも出来ることがあると
刺激を受けました。
おっと、私は現在市民ではありませんが・・・
意識としては、いまだ市民のつもりでします。

投稿: 赤か毛 | 2008/06/09 21:34

ご無沙汰してました。。。(^^ゞ
夜宮公園には1日違いで行かれたようですね。
JR九州ウォーキングって14kmのコースを歩くのですか?すげぇ~。。。

そうそう天籟寺川はかつては悪臭漂うドブ川でした。
しかし今ではホタルも飛び交うし魚たちも泳ぐ綺麗な川になりましたね。
以前は町が煤けていた公害都市の北九州ですが、綺麗になりましたよ。
でも昨年、洞海湾の一部において底質汚染が生じていることが公表されたのは残念です。

投稿: hide | 2008/06/09 22:38

>赤か毛さん
若松でも高塔山のあじさい祭りに合わせて、
「若松に玄関をつくる会」という市民団体の方たちが、
スペースワールドと若松を結ぶ、洞海湾を横断する連絡船の無料運航を
行ったようで、地域を盛り上げる活動が各地で繰り広げられています。

>hideさん
こちらこそご無沙汰しています。
夜宮公園に行かれたのですね。
JRウォーキング、ホントは12kmだったようです(汗)、訂正しときます。

黒崎の方では、旧年金病院跡地が芝生の広場になって、
撥川ほたる祭りが行われていました。
ホタルが舞うようになるのには、もう少し時間がいるかも知れませんが。

投稿: 二つ目草 | 2008/06/10 20:27

戸畑駅から美術館まで歩いたんですね、遠かったでしょう。
帰りは、天籟寺川沿いに下ってきて、夜宮公園ですね。
子どもの頃、あの川に近づくだけでも異臭がしてイヤだったのに、
鯉や水鳥が泳いでることに驚きました。
蛍もいるんですよね、たしか。

洞海湾と天籟寺川の浄化は、北九州市民の誇りだと思います。
(僕が戸畑を去ってから、きれいになりました)

投稿: でぱいゆ | 2008/06/10 23:03

>でぱいゆさん
普通の町の中をただ歩くというのは、かなり応えましたが、
天籟寺川や美術館の森に入ると、癒されました。
せせらぎを生かした町は、楽しく暮らせそうでしたが、
当日も、住民の皆さんが清掃活動をされており、
自らの力で、環境を維持されている様子がうかがえました。

投稿: 二つ目草 | 2008/06/11 00:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 九博、大絵巻展(後期)とバックヤードツアー | トップページ | 湿軟乾硬 »