« Good Luck!「ふく彦」で彦島への船旅 | トップページ | K-5に感じるPENTAXの職人技 »

2010/09/25

えだみつ演劇フェスティバル2010 ユニット美人・劇団衛星公演

Edafes01

急に秋らしくなりました。
以前から気になっていた「えだみつ演劇フェスティバル」にようやく行くことができました。

Edafes02


Edafes03


Edafes04


会場は枝光本町商店街アイアンシアター。
18時から京都の劇団、劇団衛星による『ブレヒトだよ!』と
それに先行して、14時から同劇団からの美人ユニット、ユニット美人による『黒い紙と3つの箱』

ユニット美人は、よくある観劇にあたっての諸注意の部分から爆笑の寸劇になっていて、
終始、軽快な会話と、緑のブルマでの不思議な動きに、大笑いさせられました。
ちなみに本当に美人でした。
北九州では1回限りの公演を見られて、本当にラッキーでした。

劇団衛星は、各人物の独白を時間を行き来しながら、それぞれの思惑が交錯する様を見せる
4次元的回り舞台が展開していく、なかなか凝って、面白い作品でした。
銀行が舞台の作品でしたが、アイアンシアター自体が元銀行ということで、
途中、元々使われていたと思われる本物の大金庫が登場していました。
こちらは、明日日曜日も14時から公演があります。

|

« Good Luck!「ふく彦」で彦島への船旅 | トップページ | K-5に感じるPENTAXの職人技 »

[[GR DIGITAL II]]」カテゴリの記事

monochrome」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Good Luck!「ふく彦」で彦島への船旅 | トップページ | K-5に感じるPENTAXの職人技 »